2019年 12月 7日 (土)

「そだねー」で人気急上昇のカーリング女子 五輪後もブームは続くのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

今年はSNS人気が顕著

   今大会は、実に豊富な切り口が存在する。

「もぐもぐタイム...カーリング女子日本代表、カナダ戦でもバナナやイチゴ」(読売新聞)
「NHK、カー娘緊急生中継で『そだねー』 話題の北海道なまりを新聞テレビ欄で」(サンケイスポーツ)
「カーリング女子、藤沢五月『男心を撃つ10大美女』に 氷も溶かす韓国メディアの"ラブコール"」(産経新聞)

   そのほか例年と違う点は、SNSでの言及数が多いことだ。「そだねー」や「もぐもぐタイム」はネット発で脚光を浴び、それを後追いする形でマスメディアが報じている。加えて、史上初となる準決勝進出を決めた点も盛り上がりに拍車をかけている。

   初の4強入りを決め、名実ともに「過去最高」のカーリング日本女子。今後の展開に注目だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!