2019年 11月 14日 (木)

藤井聡太、羽生善治、加藤一二三 3人の天才から将棋人気を読み解く

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
trend_20180226113407.jpg

   最年少記録を更新中の将棋棋士・藤井聡太さんが、2018年2月17日に行われた「第11回朝日杯将棋オープン戦」準決勝で、羽生善治竜王との直接対決に勝ち、決勝でも勝利して優勝、六段に昇格した。現役中学生の棋士として今後の活躍が最も期待されている。今回は、次々とドラマを生み出す将棋という競技、そしてそれに関わる人々にまつわる本を集めてご紹介する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttp://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

藤井聡太の「学び方」はまねできるのか

trend_20180226113438.jpg

   将棋盤を抱きかかえて泣いていた子どもは、中学生でプロ棋士になった。「将棋に関しては、師匠に自由に反論していい」と言う著者・杉本昌隆さんは、いかにして弟子である藤井聡太さんをここまで導いたのか!?「思考力・集中力・忍耐力・想像力・自立心・平常心」...将棋に強くなるために要するこれらはすべて、私たちが人生をより豊かに生きていくうえで必要な学びである。『弟子・藤井聡太の学び方』(著者:杉本昌隆 PHP研究所 1,512円)では、藤井聡太さんの才能、兄弟弟子との交流、杉本昌隆さんの師匠・板谷進さんとの師弟関係から、「真に学ぶこと」とは何かを明らかにする。

   「七割以上を目指すには、自分で考えなければならない」「悔しさが才能を伸ばすエネルギーになる」「対局の機会の少なさが集中力を鍛える」「コンピュータが選ばない勝負手を指す」「学ぶ側には信念、指導者には柔軟性」など。

   「2018年新年の師弟杉本昌隆+藤井聡太」も収録している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!