2018年 7月 19日 (木)

英パブリック・スクール教育の妙味 規律と高貴な精神、そして自由

印刷

■『自由と規律』(池田潔著、岩波新書)

trend_20180517130245.jpg

   英国パブリック・スクールでの生活を活写した往時の名著が復刊したと聞いたのは、数年前のことであったか。 子供の教育の参考にとふと思い出し、高校時代以来、久々に再読するべく新たに購入した。奥付を見ると、1949年第1刷発行、2018年2月には第109刷とあるから驚く。ロングセラーとはこうしたものを言うのだろう。

強烈なスパルタ式教育

   英国におけるパブリック・スクールとは、「イギリス支配階級子弟の教育機関」(本書P9)であり、「私立であること、全校寄宿制度であること、この二点を欠くべからざる前提条件」(同P20)とした中等教育校(日本の中学・高校の期間に相当)である。

   私立学校がなぜ「パブリック」の名を冠するかなど詳細は本書に譲るが、オックスフォード・ケンブリッジの両大学への進学者が多い事実や、イートン、ハローといった具体の学校名などは我が国でも有名であろう。

   著者をして「スパルタ式教育」と言わしめるその教育内容は、現代日本では想像がつかないほど峻厳だ。

   真冬でも開け放した窓、毛布は夏一枚冬二枚、「朝、目が覚めると毛布の裾に薄く雪が積もっていることがある」などと書かれれば、その生活はおよそ想像がつこうというものだ。現代はさすがにそこまでではなかろうが、粗食に耐え、厳しい校則に呻吟することに変わりはあるまい。そうした枠内にあっても、思想の自由が保障されているところにパブリック・スクール教育の妙味がありそうである。

   輝かしい将来が約束されていることを念頭に置けば、厳しい規律はある種のバランサーとして作用する。だが、それは功利主義的なバランスではない。こうした環境で育まれる真の「ノブレス・オブリージュ」(高貴な者が果たすべき義務)が、如何なる自己犠牲と高貴な精神の発露に結実するかもまた、本書は詳らかにしてくれる。そこからは、規律が義務の履行を呼び、これが勇気を育み、その勇気が真の自由をもたらす、そうしたサイクルが見て取れる。著者の本意とは異なるかも知れないが、ここで規律(在学中)と自由(社会での活躍)のバランスが想起されるのである。

【霞ヶ関官僚が読む本】現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で「本や資料をどう読むか」「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中