2020年 1月 19日 (日)

胃袋の世界一周 松尾スズキさんはミャンマー料理に縁を感じた

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

   BRUTUS(5月15日号)で、演出家にして俳優の松尾スズキさんが「ニホン世界一周メシ」の連載を始めた。どうやら、世界各国の料理を日本国内で食べ歩き、レポートする企画らしい。うらやましいなと思いつつ、初回を拝読した。それはこう始まる。

「税金が高い。高すぎる。しかし、それを押しても日本はいい国だ。日本にいながら世界中の料理が食えるのだ。旅の醍醐味は食にある...逆に考えれば本場の中華を食ってさえいれば、日本にいようが少なくとも胃袋だけは中国を旅していることになりはしまいか」

   企画の趣旨を説明するイントロなので、いささか強引なのはご愛敬だ。ここからなぜか「縁」の話になる。「歳を食ったせいか、最近、縁というものになにかと意味づけしたくなる...この連載を始めようと思ったのもある縁に始まる」

   ここで、CGの会社をやっている「感情の読みとれない」社長が、やや唐突に登場する。数年前の映画制作からの付き合いで、年に一度ほど、仕事に関係なく食事に誘ってくれるという。結論から言えば、筆者は社長と一緒に、これから各国料理を食べ歩くことになる。

  • ミャンマー料理の例
    ミャンマー料理の例

落ち着く味わい

   あらゆる文化に精通しているというその社長、ある日、四谷三丁目のミャンマー料理屋(本文は実名)に松尾さんを連れて行く。よくあるベトナムやタイの料理を想像していた筆者は、度肝を抜かれたという。

「最初の一口から、今まで食べてきた料理の味の方程式にまったく当てはまらない、評しがたい味と食感だったのだ」

   「ラペットッ」という名のそれは、生キャベツ、トマト、ピーナツ、揚げニンニク、干しエビなどで構成され、とりわけ珍しい食材はないのに、「落ち着くー」という感想しか出てこない味わいだった。社長によると実は「お茶のサラダ」で、松尾さんを落ち着かせたモノの正体は発酵させた茶葉らしい。

「そりゃ落ち着くよ! その時、私ははっきり、『ミャンマーが胃に入った』と感じ、それは、『胃の内側がミャンマーに行った』と、同じことなのではないかと思ったのだ」

   以下、珍しいミャンマー料理の紹介が続き、この店を軸とした不思議なつながり、人の輪が語られていく。今年は、筆者が「松尾スズキ」を名乗り始めて30年。これも何かの縁だと思い、記念の年の初仕事として連載を思い立ったという。

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!