2020年 7月 12日 (日)

「働き方改革」実施企業4割 民間調査、課題は働く時間と場所の改善

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   オンラインミーティングアプリを提供する「meet in(ミートイン)」(本社・東京)は2018年5月31日、働き方改革に関する調査結果を発表した。改革に取り組んでいる企業は全体の4割程度で、社員が会社に今後取り組んでほしい内容は、働く「時間」や「場所」への改善が挙がっていた。

  • 働き方改革に取り組んでいるか
    働き方改革に取り組んでいるか
  • 取り組んでいる内容、また取り組んでほしい内容は何か
    取り組んでいる内容、また取り組んでほしい内容は何か
  • 在宅ワーク、テレワーク、モバイルワークを導入している企業に勤めている人は、どこで働いているのか
    在宅ワーク、テレワーク、モバイルワークを導入している企業に勤めている人は、どこで働いているのか
  • 導入によってどのような変化があったか
    導入によってどのような変化があったか
  • オンラインMTGを利用したことがあるか
    オンラインMTGを利用したことがあるか
  • オンラインMTGをしたことで変わったこと
    オンラインMTGをしたことで変わったこと
  • 働き方改革に取り組んでいるか
  • 取り組んでいる内容、また取り組んでほしい内容は何か
  • 在宅ワーク、テレワーク、モバイルワークを導入している企業に勤めている人は、どこで働いているのか
  • 導入によってどのような変化があったか
  • オンラインMTGを利用したことがあるか
  • オンラインMTGをしたことで変わったこと

回答の約9割が「残業時間の削減」へ取り組み

   調査は、20歳~59歳の従業員規模50人以上の企業に勤める会社員500人が対象。会社が働き方改革に取り組んでいるかを問うと、「取り組んでいる」(41.0%)が最も多い回答となったが、「取り組んでいない」(38.2%)もこれに近い数字だった。

   取り組んでいる内容としては、「残業時間の削減」(87.8%)がずば抜けて多かった。その他、「休暇取得の促進」(61.5%)、「労働時間の短縮」(51.2%)、「働く環境・場所の改善」(45.9%)が挙がっている。

   会社に取り組んでほしい内容は、「休暇取得の促進」(42.6%)や「労働時間の削減」(36.6%)など働く「時間」関連や、「働く環境・場所の改善」(40.6%)といった「場所」に関わる取り組みが多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!