2018年 8月 18日 (土)

社会保障の「根っこ」について考える

印刷

   ■「#社会保障、はじめました」(猪熊律子著、Scicus)

trend_20180607111825.jpg

   「ユース年金学会」なるユニークな学会がある。参加メンバーは大学のゼミや研究グループの学生達。一昨年、昨年と2回開催され、評者も発表を聞かせていただいた。「持続可能性の確保」、「大学生の国民年金加入」など年金をめぐる様々な課題について、同世代にアンケートを行ったり、年金の給付カットに反対する退職者団体にインタビューに出かけたりと、自らの足で調べ、考えた内容はインパクトがあった。

   動画を使った発表など、若者ならではの工夫も素晴らしかったが、「公的年金が一体、自分たちにとって、どんな意味があるのか」、「親世代にとっては、どうなのか」、「高齢者の目にはどう見えているのか」など、突き詰めて問う姿勢が印象的だった。若者が自らの問題として真摯に取り組む姿勢に、問われる側も胸襟を開き、退職者団体のシニア達から、「若い世代の将来の年金のためには合理的な給付カットはやむなし」とのコメントを引き出したことには驚いた。

課題の本質をぐいぐい掘り下げていく

   本書は、社会保障には縁遠いと思われる高校生や大学生が、年金、医療、子育てといった社会保障の課題について、ざっくばらんに語り合った様子を、マンガを交えながらレポートした本。「ポジティブに語ってみたら」という表題どおり、自分達の問題として、とらえ、そして、課題の本質をぐいぐい掘り下げていく様子に驚かされる。

   著者は、読売新聞で社会保障部長を務めた編集委員。以前、若い人たちに、社会保障に対する理解を深めてほしいとの思いから、YOMIURI ONLINEに連載したコラム「一緒に学ぼう 社会保障のABC」の書籍化を進める中で、こうした企画が立ち上がったという。

   本書は、本の表と裏、どちら側からも読める「両面表紙」構成。表側は、若者達による「社会保障の哲学カフェ」のライブレポート。裏から始まる「立ちすくむ国を生き抜くために知りたかったので」編では、日本の社会保障、特に、国民皆保険・皆年金について、新聞記者ならではの文章技術で、わかりやすく解説されている。

【霞ヶ関官僚が読む本】現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で「本や資料をどう読むか」「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中