2018年 11月 21日 (水)

彼女はなぜ「秘部」を撮らせ続けたのか R指定映画「スティルライフオブメモリーズ」

印刷

   『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』などを手掛けてきた矢崎仁司監督(61)の最新映画『スティルライフオブメモリーズ』が、7月21日から公開される。

   キャッチコピーは「日本映画史上初のスキャンダラスなテーマ」だ。

女性の突然の申し出に戸惑う写真家は...

   R18+指定の同作は、恋人の性器に魅せられたフランスの写真家アンリ・マッケローニに触発され、企画された。マッケローニ氏は2年間にわたり恋人の性器を撮影し、1978年に写真集『ある女性の性器の2000枚の写真から選ばれた100枚』を上梓した。

   主な登場人物は3人。主人公「春馬」役は俳優・安藤政信さん(43)が務める。新進気鋭の写真家である春馬は、自身の個展で謎多き女性――永夏子さん(34)演じる「怜」――と出会う。

   たまたま訪れていた怜は春馬の写真に魅了され、「何も聞かないこと」「ネガフィルムをもらうこと」を条件に、自らの性器を撮って欲しいと依頼。突然の申し出に戸惑う春馬だったが、次第にのめり込んでいく。

   ただ、春馬には妊娠中の彼女「夏生」がいる。松田リマさん(24)が演じる夏生は、歯がゆさを募らせる――。

   怜の依頼したワケや3人の行方が気になる『スティルライフオブメモリーズ』。7月21日から東京・新宿の「K's cinema」などで上映される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中