2018年 11月 17日 (土)

タッチパッドと液晶ディスプレーを統合 ASUS最新ノートPC

印刷

   パソコン(PC)およびモバイル機器などを扱うASUS JAPAN(エイスース・ジャパン、東京都千代田区)は、ノートPC「ZenBook Pro15(ゼンブック・プロ・フィフティーン) UX580」2モデルを2018年7月中旬に発売する。

  • 生産性がさらに高まる「ScreenPad」
    生産性がさらに高まる「ScreenPad」

拡張ディスプレーとしても活用可能

   キーボード手前にタッチパッドと液晶ディスプレーを統合した「ScreenPad」を搭載。よく使うアプリのランチャーやディスプレー上の作業を邪魔せず操作できるミュージックプレイヤーになるほか、エクセルやワード、パワーポイントなど「Office」ソフトの使用時に頻繁に使う機能を素早く操作できる。また拡張ディスプレーとしても活用可能だ。

   2モデル共通の主な仕様は、15.6型TFT液晶ディスプレーを搭載。1024段階の筆圧検知が可能な純正のスタイラスペン「ASUS Pen」に対応する。OSが「Windows 10 Pro」(64bit)、メモリーが16GB。

   上位モデル「UX580GE-8950」は、CPU(プロセッサー)がインテル「Core i9-8950HK」、GPU(グラフィックスプロセッサー)が「GeForce GTX 1050 Ti」を搭載。ディスプレー解像度は4K(3840×2160ドット)。内蔵ストレージは1TB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)。

   価格は34万9800円(税別)。

   スタンダードモデル「UX580GD-8750」は、CPUが「Core i7-8750H」、GPUが「GeForce GTX 1050」を搭載。ディスプレー解像度は4K(3840×2160ドット)。内蔵ストレージは512GB SSD。

   価格は24万9800円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中