2018年 7月 19日 (木)

オリックス・西投手が移籍の先輩に贈るブログ 「すごく今寂しい」悲しくも優しい言葉

印刷

   プロ野球、オリックス・バファローズの西勇輝投手(27)が、横浜DeNAベイスターズに移籍が決まった伊藤光捕手(29)への想いをブログでつづった。

   西投手は伊藤捕手を「1番プロで過ごした時間が長い先輩」とし、苦楽をともにしてきた約10年間の思い出を振り返っている。

  • 2012年にノーヒットノーランを達成した西投手と伊藤捕手のバッテリー(画像は西投手のブログより)
    2012年にノーヒットノーランを達成した西投手と伊藤捕手のバッテリー(画像は西投手のブログより)

「遠征では大体、一緒にご飯。笑」

   2018年7月9日、オリックス・伊藤光捕手と赤間謙投手(27)、横浜DeNA・白崎浩之内野手(27)と高城俊人捕手(25)の交換トレードの成立が、両球団から発表された。

   伊藤捕手とよくバッテリーを組んでいた西投手は同日夜に「突然。」とのタイトルでブログを更新した。冒頭で「どうしても更新したくて、しました」として、「かなりびっくりしました」とトレードへの率直な感想を述べた。

「プロ10年間っすね。んー。入団したときから苦楽共にしてきて、いろんな経験したっすよね。寮での出来事や。ヒカルさんは怪我して、ぼくが顔面の病気なったときも。ずっと楽しいこととかで励ましたり。いろんなご飯食べに行ったり買い物行ったり。遠征では大体、一緒にご飯。笑」

   西投手は2008年の高校生ドラフト3巡目、伊藤捕手は2007年の同3巡目で、いずれもオリックスに入団した。西投手は2009年、顔面神経の麻痺によって、顔の一部分が思うように動かせなくなる「特発性顔面神経麻痺」に襲われた。ちょうどそのころ、伊藤捕手は「椎間板ヘルニア」の手術を受けリハビリをしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中