2020年 4月 3日 (金)

HY、原点を見失わない
どこかほっとする希望の見えかた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「海に囲まれて育った僕らには欠かせない曲」

   デビュー当時、もっとそういう曲を歌わないのか、と質問したことがある。彼らは「それはやっている方もいらっしゃるし、僕らは自分たちの作りたい音楽の中で表現していきたい」と答えていた。今も、アルバムにはそれぞれの作風を生かしたラブソングが主体となっている。

   自分たちなりの沖縄への想い。「STORY~HY BEST」の一曲目はデビューアルバム「Departure」の一曲目「ホワイトビーチ」だ。今回のアルバムのために行ったファン投票でも一位になったという曲。風に乗って若さが空にはじけてゆくようなラップの入ったロックは東京の若者たちのそうしたロックにはない瑞々しさを備えていた。その歌の舞台となった「ホワイトビーチ」が米軍専用ビーチで日本人は入れない場所だと知ったのはしばらく後のことだった。

   やはりDISC1に「OCEAN」という曲がある。やはりデビューアルバムの中の曲だ。太陽が沈む海辺、月の光と星空に照らし出された二人、砂浜で拾った色とりどりの貝。アスファルトで育った若者には絶対に書けないのびやかなロック。全曲解説に宮里悠平がこう書いている。

「18年前に海を渡り県外に行って改めて地元沖縄の素晴らしさに気づきました。辛いときや何か決断する時、もしかしたらうれしい時も,,,ヒデは海に行きます。その当時、ヒデが海をみて、その海の先まで行きたいと願ったことからできた曲(中略)。海に囲まれて育った僕らには欠かせない一曲です」

   故郷を離れてみて、その良さに気づく。

   それは沖縄の若者だけではなさそうだ。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!