2020年 9月 25日 (金)

くら寿司「ハロウィンメニュー」今年は「怖カワ」 味も見た目もイケてます

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   回転ずしチェーン「無添 くら寿司」は2018年10月19日、ハロウィン特製メニュー「ハロウィン パープルモンスター」と「ハロウィン ひょっこりモンスターパフェ」の提供を開始した。31日まで全国の店舗で提供する。

   昨年のハロウィン商品は「グロかわ」を意識したというが、今回のテーマは「怖カワ」だ。

  • くら寿司が提供するハロウィンスイーツ
    くら寿司が提供するハロウィンスイーツ
  • 「パープルモンスター」
    「パープルモンスター」
  • 「ひょっこりモンスターパフェ」
    「ひょっこりモンスターパフェ」
  • くら寿司が提供するハロウィンスイーツ
  • 「パープルモンスター」
  • 「ひょっこりモンスターパフェ」

モンスターに見立てた「スイーツ」ならぬ「スシーツ」

   くら寿司は昨年初めてハロウィンメニューの提供を開始。グルメ系のインターネットメディアが多数取り上げ、その個性的な見た目が「インスタ映え」するとネット上で話題を呼んだ。バレンタインデーの期間には、ティラミスと寿司を融合させた新感覚スイーツ「ティラミスシ」を販売するなど、「スイーツ」ならぬ「スシ(寿司)ーツ」にも力を入れている。

   今回、新たに「スシーツ」として提供するのが、「パープルモンスター」(108円)だ。チョコプリンをシャリで裏巻きにし、そのまわりを紫イモパウダーでコーティング、上にはカボチャ餡(あん)を載せた。これが3個並び、うちひとつには、ホワイトチョコを「目玉」に見立ててトッピングしている。カボチャ餡の色から、小さなオレンジ色のモンスターのように見える。

   記者が試食してみると、口に含んだ食感はおはぎや大福のようだった。最初にカボチャ餡の甘みが口に広がり、食べ進めていくとシャリの黒酢と、のりが登場する。のりがあることによって食感の変化と、食べ応えが生まれ、またすし酢によって後味がすっきりとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!