2019年 6月 24日 (月)

役はクールに、素顔は誠実な大人の魅力 女優・知英さんインタビュー

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   元KARAのメンバーで女優の知英(ジヨン)さん(24)が、日米合作映画「殺(や)る女」(2018年10月27日公開)で主演する。

   スクリーンの中では寡黙な殺し屋を演じているが、J-CASTトレンドのインタビューに答えてくれた知英さん本人は、誠実で大人の魅力たっぷりの、それでいてキュートさも感じられる女性だった。

  • 知英さん(写真は2018年9月19日撮影)
    知英さん(写真は2018年9月19日撮影)
  • 「J-CASTニュース」のニュース犬「カス丸」ともパシャリ
    「J-CASTニュース」のニュース犬「カス丸」ともパシャリ

セリフが少ない役に「目や表情の動きを意識」

   記者が知英さんに会うのは初めて。凛としたたたずまいで、記者の目をしっかりと見て挨拶してくれた。テレビで見ていたKARA時代は「可愛い末っ子キャラ」の印象だったが、実際に会うと「美しい大人のレディー」だ。この日は黒いドレス姿で、透明感のある肌を引き立てていた。

   映画では、幼い頃に両親を殺害され、その犯人を捜すために「殺し屋」になった女・愛子の役。もの静かな場面と、銃声が鳴り響くバイオレンスシーンのメリハリが印象的だ。知英さんは愛子を演じるにあたって、「セリフが少ない役なので、(愛子が)今どんな感情なのかを考えながら、目や表情の動きを意識しました」と話した。

   作品のなかで、アクションシーンがたびたび登場する。実は知英さん、映画「暗殺教室」(2015年)でも同様の役で、ハードなシーンをこなしていた。「殺る女」では「トレーニングなど特別な準備はしなかったです」と振り返るが、銃撃戦や格闘のシーンでは軽快な身のこなしをみせていた。銃を撃ち合う相手をまばたきせずに射抜く視線、男に馬乗りになって羽交い絞めにするシーンでは力強さ、冷徹さが伝わってきた。

   映画の見どころを聞くと、映画の終盤の愛子が感情を爆発させるシーンを挙げた。無表情が多かった愛子はこのシーンで涙を流し、絶叫する。このシーンの演出は宮野ケイジ監督が撮影の中盤で変更したとして、「(自身の演技は)監督とよく相談しました」と話した。

知英(ジヨン)

女優。1994年1月18日生まれ。特技は語学(日本語・英語・韓国語・中国語)、ダンス、ピアノ、アクションなど。2018年2月に「レオン」で長編映画初主演を果たすと、「私の人生なのに」(7月)、「殺る女」(10月)と主演映画の公開が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中