2019年 12月 7日 (土)

村田修一&岩村明憲が明かす「侍ジャパン」の舞台裏 東京五輪「期待の選手」も挙げた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元プロ野球選手の村田修一さん(37)と岩村明憲さん(39)が2018年11月3日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催されたイベント「TOKYO MEET UP SPORTS 2018」の中で、トークショーを行った。

   ともに日本代表経験を持つ2人は当時の思い出と、2020年の東京五輪で活躍を期待する選手について語った。

  • 村田修一さん(写真右)と岩村明憲さん(写真左)のトークショー
    村田修一さん(写真右)と岩村明憲さん(写真左)のトークショー
  • 村田修一さん
    村田修一さん
  • 岩村明憲さん
    岩村明憲さん
  • 独立リーグの試合で、グラウンド整備をする岩村さんと村田さん
    独立リーグの試合で、グラウンド整備をする岩村さんと村田さん

2009WBC期間中に「フーターズ」で内野手会

   村田さんは2008年の北京五輪の野球日本代表、2009年のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)代表メンバーに、岩村さんは2006年、2009年のWBC代表メンバーに、それぞれ選出された。

   2009年にはともに内野手としてWBCメンバーに選ばれた2人だが、村田さんは大会開幕を前に右太ももの肉離れで、チームを離脱した。その後に同じ内野手のメンバーが自身を気にかけてくれたことがうれしかったと話した。

「怪我して次の日くらいに、当時(読売)ジャイアンツの小笠原(道大)さん、トレーナー、岩村さんが内野手会をすると。『Hooters(フーターズ)』かどこかで(笑)。『修がああいう怪我をしたけども、今残っているメンバーで日本の内野を守り抜こう』という話をしてくれたみたいで...」

   岩村さんも2006年のWBCの大会中に、村田さん同様に右太ももの肉離れを起こし、ベンチ待機となった。だからこそ、村田さんの気持ちは「痛いほどわかる」という。

「時が経っているから話せることで、最初の頃は悔しくてですね。ただ、僕も経験があるからこそ、『どの選手が出てもみんなで同じ気持ちで』というのは(内野手会で)伝えましたね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!