2019年 11月 16日 (土)

法務省が吉本興業に感謝状 「社会を明るくする運動」への貢献称える

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   法務省は2018年12月19日、犯罪や非行のない明るい社会を築くための「社会を明るくする運動」における民間協力者として、芸能プロダクション大手の吉本興業を表彰した。

  • (前列左から)吉本興業の岡本昭彦共同代表取締役社長COO、大﨑洋共同代表取締役社長CEO、山下貴司法相、シネマとうほくの鳥居明夫代表取締役
    (前列左から)吉本興業の岡本昭彦共同代表取締役社長COO、大﨑洋共同代表取締役社長CEO、山下貴司法相、シネマとうほくの鳥居明夫代表取締役
  • 山下法相から感謝状を受け取る大﨑共同代表取締役社長CEO
    山下法相から感謝状を受け取る大﨑共同代表取締役社長CEO
  • 感謝状贈呈後、挨拶に立った山下法相
    感謝状贈呈後、挨拶に立った山下法相
  • 受彰者挨拶に立った大﨑共同代表取締役社長CEO
    受彰者挨拶に立った大﨑共同代表取締役社長CEO

山下法相、所属タレントの広報・啓発活動を高く評価

   法務省が提唱する「社会を明るくする運動」は国民が、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築くための全国的な運動。1951(昭和26)年に始まり、今年は全国で51の個人、団体などに「法務大臣感謝状」が贈られた。

   12月19日、法務省で行われた贈呈式には山下貴司法相をはじめ、副大臣や大臣政務官らが出席。全国的な功績があるとして中央推進委員会に推薦された吉本興業と、映画制作・配給会社「シネマとうほく」の2団体に、山下法相が直接感謝状を手渡した。山下法相は「社会を明るくする運動」における吉本興業の取り組みについて触れ、

「所属タレントの皆様に本運動の広報・啓発行事等にご出演いただき、主に若い層に向けて、本運動の意義を笑いを交え、分かりやすく訴えかけて大いに盛り上げていただきました」

と感謝を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!