2019年 12月 15日 (日)

中島みゆき、「歌旅・縁会・一会」
平成最後の師走に聴く12曲

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

ジョークにするしかない

   今年も様々な音楽のランキングデータが発表になっている。配信チャートやカラオケで歌われた曲の上位に入っている「驚異のロングヒット」が「糸」だ。オリジナルは92年のアルバム「EAST ASIA」。今年最も多くの歌手にカバーされた曲だろう。でも、彼女が実際に歌っているライブバージョンはこれまでCDにはなっていなかった。2007年に発売されたライブ映像「歌旅~中島みゆきコンサートツアー2007」で見ることが出来るものの、その模様を収めたライブCDには収録されていなかった。つまり今回が初のライブCD化ということになる。

   「糸」だけではない。「歌旅」「縁会」「一会」とそれぞれのツアーはライブCDにはなっている。でも、今回の12曲は、そこに収録されなかった曲ばかりが集められている。「ベスト盤」でありながら「初CD化盤」というライブアルバムでもある。

   収録曲の中で「糸」と並んで目を引くのが「時代」だろう。1975年の発売でありながら、時が経つほどに説得力を増している。今年の紅白歌合戦でも歌われる曲だ。ここでは東日本大震災の後のツアー「縁会」から選ばれている。

   アルバムの多くが、時の流れの中で傷つき取り残され、戦いながらも沈黙せざるを得ない人たちへの心情が綴られた曲であることを思うと「時代」がアルバム全体のテーマ曲のようにも聞こえる。彼女がデビュー以来一貫して歌ってきていることが凝縮されているライブアルバムだろう。

   平成最後の師走。それぞれの曲の中の儚さと愛おしさ、叶った夢と叶わなかった夢、口に出せた願いと出せなかった願い。「風の笛」では、「言葉に出せない思いのために お前に渡そう風の笛」と歌っている。アルバムの最後の曲は「一会」のツアーの最後の曲だった「ジョークにしないか」。最新のツアー「一会」の一曲目で始まり、その最後の曲で終わる。2018年の中島みゆきが伝えたいこと。これが単なるライブベストはないことの証しだろう。こんな歌詞がある。

   「伝える言葉から伝えない言葉へ

   きりのない願いは ジョークにしてしまおう」

   ジョークにするしかない。

   そんな年末を迎えようとしている。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!