2019年 5月 21日 (火)

「冴羽獠」が20年ぶりに帰ってきた 「劇場版シティーハンター」公開中

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   「冴羽獠」(さえば・りょう)という名前を聞いてピンときら、おそらくアラフォー以上だろう。漫画やテレビアニメで一世を風靡(ふうび)した「シティーハンター」の主人公である。その伝説の男が、スクリーンに帰ってきた。「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」が、2019年2月8日に封切られた。

  • 「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」のポスター(C)「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会(以下、省略)
    「劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>」のポスター(C)「2019 劇場版シティーハンター」製作委員会(以下、省略)

ハードボイルドなのに...ギャグあり! ちょいエロあり!!

   ご存じない方に「シティーハンター」について説明しよう。漫画家・北条司氏により、集英社発刊「週刊少年ジャンプ」で、1985年から1991年に連載された漫画だ。テレビアニメ化もされた人気作品である。

舞台は「新宿ゴールデン街」
舞台は「新宿ゴールデン街」

   ストーリーは、東京・新宿を中心に展開される。裏社会No.1の腕を持つスイーパー=通称「シティーハンター」冴羽獠が「愛銃コルト357マグナム」を手に活躍するというもの。深刻な悩みを抱えた数多くの美女を、悪漢から華麗に守り抜く、ボディーガード役となって奮闘する。

主人公の冴羽獠は、何しろ美女に弱く、すぐ目が「ハート」になってしまう
主人公の冴羽獠は、何しろ美女に弱く、すぐ目が「ハート」になってしまう

   そして獠の相棒が、ヒロイン? 槇村香(まきむら・かおり)。女性ながらも屈強で、獠と「2人1組」のコンビを組んで活動。女性にめっぽう弱い獠は、美女のお願いに、すぐ股間が「モッコリ」してしまうのだが、香はそれを「100t(トン)」のハンマーでぶちのめしつつ(漫画なので...)、きっちりと事件解決をする「名参謀役」といったところだ。

そんな獠に、相棒の香は、しょっちゅう「100t」のハンマーを打ち下ろす
そんな獠に、相棒の香は、しょっちゅう「100t」のハンマーを打ち下ろす

   今回の「劇場版」は、1999年放送のテレビスペシャル以来、約20年ぶりに、獠がカムバックした。獠と香が営む事務所に、あるモデルから「ボディーガードの依頼」が舞い込んで来たところからストーリーは始まる。しかし、その裏には、信じられないほどの巨大な陰謀があった。大都会を舞台に、獠と香は、モデルと新宿を守りぬくことができるのか!?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中