2019年 5月 20日 (月)

皇室ジャーナリストが見た「平成の天皇」 生前退位、皇后美智子さま、大災害

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求
trend_20190422193120.jpg

   天皇陛下は4月30日(2019年)に退位され、翌5月1日に皇太子さまが新天皇となり、元号も「平成」から「令和」に変わる。「生前退位」「皇后美智子さまの献身」「大災害」――。この30年、様々な出来事があった。天皇にとってどんな時代だったのか。今回は身近で長く取材してきた皇室ジャーナリストが陛下の素顔や胸の内を解説する。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

等身大の本当の「お気持ち」とは

trend_20190422193144.jpg

   最近の皇室関連のテレビ番組で引っ張りだこになっているのが、『明仁天皇の言葉 平成の取材現場から読み解く「お気持ち」』(著者:近重幸哉 祥伝社 1620円)の著者、近重幸哉氏だ。

   1988年に週刊誌「女性自身」(光文社)の記者となり、皇室取材を担当、今日まで皇室ご一家を取材している。憲法の定める「象徴」として、どのように歩み、本当の「お気持ち」はどこにあるのか、幼少期からの発言をたどり、陛下の等身大の姿を描き出す。

   「象徴」「祈り」「平和」「世界」「孤独と幸福」の5章で、「生前退位の衝撃」「美智子さまの献身」「沖縄訪問」「天皇家の『家族問題』」など内容は多岐にわたる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中