2020年 10月 29日 (木)

「いくら有吉が大金持ちでも...」 役者・森脇和成が語る「元相方」への思い

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

「元相方として、同じ地元の人間として誇らしい」

   森脇さんとのコンビ解散後、「ピン芸人」となった有吉さんは2007年頃から「毒舌キャラ」として再ブレイク。現在はバラエティー番組の司会者として、連日テレビに出演している。

   森脇さんは有吉さんの活躍を「元相方として、同じ地元の人間として誇らしい」としながら、

「今は役者をやっているが、力をつけて、あいつの背中が見えるところまで行けたらいいな、と思いながらやっています」

と目標を語った。

   役者としての道を歩む森脇さんが、今年は「原点回帰」と言えるような仕事もした。9月~10月にかけてユーチューブ上で公開されたWi-Fiレンタルサービス「グローバルWiFi」のPR動画「激烈!グローバルでんぱ調査隊inタイ」(全4話)では、タイの地方部を巡るロケの中で久々のヒッチハイクに挑戦している。

   「車の性能、道の舗装が20年間で変わっていて、めちゃくちゃ快適なんですよ。時代の流れを感じました」と環境の変化に感動する一方で、「当時は21、2で今は45(歳)。体力の衰えがものすごく分かった」と苦労を振り返った。

   最後にこんな質問をぶつけてみた。もし今、有吉さんとヒッチハイクをすることになったら―――。

「もともと幼馴染なので、いくら有吉が大金持ちでも(旅中)の関係性は変わらないと思う。もしかしたら俺が媚び始めるかもしれないけど(笑)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!