2020年 7月 14日 (火)

井上康生「名選手から名監督」の道 「目指すべき柔道」東京五輪で【特集・目指せ!東京2020】

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   柔道男子の日本代表監督、井上康生さん。現役時代は豪快な内股を武器に、2000年のシドニーオリンピック(五輪)で金メダルに輝き、監督として臨んだ2016年のリオデジャネイロ五輪では、男子を全階級メダル獲得に導いた。

   J-CASTトレンドは井上さんの単独インタビューに成功。2020年の東京五輪で日本代表が「目指すべき柔道」を聞いた。(聞き手はJ-CASTトレンド編集部・佐藤庄之介)

  • 柔道男子日本代表監督の井上康生さん
    柔道男子日本代表監督の井上康生さん
  • 柔道男子日本代表監督の井上康生さん

「何かを経た上で、それを次にどう生かしていくか」

「現役時代は基本的に自分の事しか考えていませんでした」

   井上さんは少し恥ずかしそうな口調で語りだした。

   2008年に現役を引退し、海外での留学経験を経て指導者に転向。2012年のロンドン五輪後、全日本の代表監督に就任した。

「(現役時は)いかに己を高めていくかというところがメインでした。しかし、監督になって大枠で物を見ていかなければならない立場になった。そこで、場を広く見られる思考になったんじゃないかと思っています」

   2000年のシドニー五輪100キロ級では金メダルを獲得し、柔道界の頂点に立った。しかし、連覇が期待された04年のアテネ五輪ではまさかの準々決勝敗退。自身が味わった「栄光と挫折」を選手たちにどう伝えているのか。

「(私が)シドニーで勝ったこと(で得た経験)や(アテネで)負けたことの失敗が、すべて今の選手たちに当てはまるわけではありません」
「今の時代を読み取った上で、何が必要で、何を求められているかを考えた取り組みが必要だと思っています。金メダルを取るにしても、負けるにしても、五輪に出場するにしてもそう。何かを経た上で、それを次にどう生かしていくか。その繰り返しかなと思っています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!