2020年 5月 27日 (水)

北海道の名物飲料「タングロン」もう買えない 店頭にネット、軒並み販売終了

印刷

   北海道・芦別(あしべつ)市のメーカーが製造する、コンブエキスを使った清涼飲料水「タングロン」。

   50年の長きにわたり北海道民に親しまれてきたが、2020年3月末での製造終了が発表されている。J-CASTトレンド編集部は20年2月18日に札幌市内の販売店を訪れたが、売り場では既に「販売終了」のお知らせが掲示されていた。何があったのか、販売会社を取材した。

  • タングロン、もう売ってない?(画像はTKSタングロン公式サイトより)
    タングロン、もう売ってない?(画像はTKSタングロン公式サイトより)
  • タングロン、もう売ってない?(画像はTKSタングロン公式サイトより)

札幌市内の店に行くと「販売終了となりました」

   タングロンは北海道産のコンブから抽出したエキスと青森県産リンゴの果汁を使った、紙パックのドリンクだ。名称はコンブの意味の英単語「タングル」が語源で、パッケージにもコンブのイラストが描かれている。1969(昭和44)年に芦別市のメーカー・日本酵素産業が製造を開始し、昭和50年代以降は北海道全域で商品展開。学校給食として、また幼稚園、病院などで飲まれ、スーパーマーケット等でも販売された。

   しかし、日本酵素産業は紙パックの材料不足を理由に、タングロンの製造を3月末で終えることを決定。販売会社のTKSタングロン(本社:札幌市)も、製造中止にともなう終売を公式サイトで発表している。ネット上では「子どもの頃から大好きな飲料なのに」「これから飲めなくなると思うと残念」など悲しみの声が広がっていた。

   TKSタングロンの公式サイトを見ると、タングロンは北海道と東京都内の小売店計10店舗が販売店と記載されている。しかし、J-CASTトレンド編集部が札幌市内の販売店を訪れると、タングロンが売られていたとみられるスペースには「販売終了となりました」とのお知らせが。札幌市内の他の販売店にも電話で問い合わせたが、いずれも「もう販売はしていない」との回答があった。

   TKSタングロンの通販サイトでもタングロンの商品ページには「欠品中」と表示され、購入できない。

   製造終了までまだ1か月以上ある。なぜ店頭やネットで購入できないのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!