2020年 7月 12日 (日)

露天風呂付客室に1泊2日で3900円 「まじでコロナウイルス勘弁して下さいプラン」体験記

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「まじでコロナウイルス勘弁して下さいプラン」。箱根で8つの温泉旅館を展開する一の湯(神奈川県箱根町)が2020年3月2日に受付開始した早割プランだ。5月と6月の平日限定で、同館が運営する4施設の露天風呂付客室の1泊2食付プランを、1人税込3900円で提供する。

   販売期間は3月2日~9日限定だったが、ユニークな名前と破格の値段が話題となって予約が殺到し、完売。記者は3月10日、一足先に噂のプランを体験した。

  • しゃぶしゃぶがメインの創作和食
    しゃぶしゃぶがメインの創作和食
  • (右から)一の湯代表取締役社長・小川尊也氏と同社広報社員なにし君
    (右から)一の湯代表取締役社長・小川尊也氏と同社広報社員なにし君
  • 「箱根一の湯創業390年祭り」PR担当としてツイッターアカウントで情報発信するなにし君
    「箱根一の湯創業390年祭り」PR担当としてツイッターアカウントで情報発信するなにし君
  • 本館内にあるローベットを2台設えたツインの和室(写真4)
    本館内にあるローベットを2台設えたツインの和室(写真4)
  • 客室についている露天風呂
    客室についている露天風呂
  • レストラン前にあるラウンジ
    レストラン前にあるラウンジ
  • 廊下が外に面している開放的な本館
    廊下が外に面している開放的な本館
  • 大浴場
    大浴場
  • アジの干物や具だくさんのみそ汁が楽しめる朝食
    アジの干物や具だくさんのみそ汁が楽しめる朝食
  • しゃぶしゃぶがメインの創作和食
  • (右から)一の湯代表取締役社長・小川尊也氏と同社広報社員なにし君
  • 「箱根一の湯創業390年祭り」PR担当としてツイッターアカウントで情報発信するなにし君
  • 本館内にあるローベットを2台設えたツインの和室(写真4)
  • 客室についている露天風呂
  • レストラン前にあるラウンジ
  • 廊下が外に面している開放的な本館
  • 大浴場
  • アジの干物や具だくさんのみそ汁が楽しめる朝食

和の客室と料理が出迎える

   2020年で創業390年を迎えた一の湯。日頃の感謝を込め、年間で39(サンキュー)個の企画を実施する「箱根一の湯・創業390年祭り」を開催しており、「まじでコロナウイルス勘弁して下さいプラン」はその第6弾。「仙石原・ススキの原一の湯本館」、「仙石原・品の木一の湯本棟」、「塔ノ沢・一の湯本館」、「塔ノ沢・一の湯新館」で提供する。

   露天風呂付客室1泊2食付で3900円...。信じられない思いで記者が足を運んだのは「仙石原・ススキの原一の湯」だ。本館と、19年8月に開業したばかりの別館、そしてフロントとレストラン、大浴場などの機能が集約された建物から成る。受付や館内清掃業務に当たるスタッフは、新型コロナウイルス感染予防のためにマスクを着用していた。

   通されたのは、本館内にあるローベットを2台設えたツインの和室(写真4)。清掃は行き届いており快適だ。大浴場もあるが新型コロナウイルス感染が不安な昨今、部屋から出ずに入浴できるのはありがたい。夕食は特選豚をカツオベースのだしで湯がき、だし割玉子をまとわせて楽しむしゃぶしゃぶや金目鯛の煮付けなど豪勢な創作和食、朝食はアジの干物や具だくさんのみそ汁、温泉卵などバランスの取れた和食膳だった。いずれも飲み放題付きだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!