2021年 8月 5日 (木)

マスク着け「ソーシャルディスタンス」保ち長い列 新型コロナ対策で熱中症リスク 

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

暑い日にマスク着用、心がけることは

   今はマスクを着けたまま、列で待つ人が多いだろう。5月12日放送の「news every.」(日本テレビ)では、マスク着用による熱中症対策を紹介した。番組で、日本体育大学大学院教授で救急医学を専門とする横田裕行氏は、「(マスクを)本当にずっとしないといけないか考える」ことが重要だと指摘。例えば、1人で部屋にいる時や、外に出て人がいない、またはしゃべらない時など、状況をみて外すことも「あり」のようだ。

   マスク着用時には、放熱しやすい服装を心がけ、冷たいペットボトルを太い血管が通っている首回りや脇の下などにあてる、水分補給と同時に塩アメなどで塩分補給をすることも大切とのことだ。

   厚生労働省は、熱中症を予防するために、できるだけ風通しのよい日陰などの涼しい場所で過ごし、こまめに水分を補給するよう呼びかけている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!