2020年 10月 22日 (木)

緊急事態宣言解除後の外食の姿 店内で飲食「新型コロナ前」には戻れなくても...

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京など8都道府県を除く全国39県で緊急事態宣言が解除された。これに伴い、飲食店が新型コロナウイルス感染対策を行いながら営業再開する動きが見られる。

   J-CASTトレンドの2020年4月14日付け記事「新型コロナ『外出自粛』で空席目立つ飲食店 誰もいないなら入って食事しますか」で、客の姿がなくガラガラの飲食店で「一人飯」するかを問う調査をした結果、5266の回答が集まった(2020年5月18日17時現在)。内訳は「あり(76%)」、「なし(24%)」となり、ほとんどの人が「店がガラガラであれば」食事をしてもよいと考えている実情が明らかになった。状況が変わってきた今、外食について人々はどのように思っているのか。

  • 緊急事態宣言解除で「外食」どうする?
    緊急事態宣言解除で「外食」どうする?
  • 緊急事態宣言解除で「外食」どうする?

慎重派もいれば「冷静に行動すれば」外食OKの人も

「我が県では緊急事態宣言が解除されたけどやっぱり不安だから最低限の移動しかしないよ。買い物もできるだけ避けるし外食もしばらくしない予定」
「そろそろ外食行きたいけど、緊急事態宣言解除されて人がごった返してそうなんだよなー」

   ツイッターの、外食に慎重な人からの声だ。緊急事態宣言が解除されてもためらいがある様子。一方で、食事の写真と共に「ランチに久々に外食した幸せ!」、「久しぶりに外食した。ひとりで個室独占」と喜びを爆発させる人や、一人一人が冷静に行動すれば外食もよいのではないかと指摘する人もいる。

「店の中は席1つ分空いて座ってたし消毒液もあったし、自粛ムードの前のような生活には戻すつもりはないけど、一人一人がしっかり意識して行動してれば多少の外出はしてもいいのかなあと思った」

   外食をしたものの「やっぱり何かまだ怖い感じがする」とツイートする向きも一定数いる。「今日、久々に外食したのね。(中略)時間的に中途半端だったからお客さんも少なくてよかったんだけど厨房見てびっくりよ。作る人、マスクしてないの」と、店舗の感染対策に懐疑的な投稿も一部だが、ある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!