2020年 11月 28日 (土)

会社でマスク着けない人の言い分 外で「マスク警察」に怒鳴られたけれど...

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   気温の上昇で、屋内外問わずマスクをつけたまま過ごすのがつらい季節になってきた。新型コロナウイルス感染対策でマスクを着用する人の中からは、「近くにマスク非着用者がいると気になる」との声も。

   ツイッターには「オフィスに俺マスクしないマンがワラワラいて辛い」、「頼むから社内でもマスクして」と不安やストレスを感じている様子の投稿がみられる。実際に「マスクなしで出勤し、顰蹙(ひんしゅく)を買った」というネットの書き込みもある。

  • 社内でマスクを着けない理由とは
    社内でマスクを着けない理由とは
  • 社内でマスクを着けない理由とは

直接話をするときは着用するが

   社内でマスクを着けない理由として「蒸し暑いししゃべりにくい」、「電話対応の時マスクが邪魔だから」とツイートしている人たちがいる。他にはどんな事情があるか。

   J-CASTトレンド記者の同僚にも、マスクを着けずに仕事をしているのが数人。その一人、30代男性に直撃した。理由は「長時間着用していると若干息苦しさを感じるのと、耳が痛くなるから」。四六時中着けたままでいるのは不快だという。しかし、編集長に相談する時や会議の場など、面と向かって人と話すことで感染リスクが高まる場面では、飛沫を飛ばしてはいけないので着用している。

   男性によると、世の中がマスクをしているかどうか神経をとがらせていた4月上旬~5月上旬はずっと着けていた。そのうち在宅勤務が普及し、出社率が通常の2割程度で室内の人数が少なくなったため、現在社内では外している。特に指摘を受けたことはなく、肩身の狭い思いはしていないが「マスク警察(編注:マスク非着用者を非難する人)がいたらどうしたものかという点で、周囲からの視線は気になる」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!