2021年 3月 1日 (月)

新型コロナ対策「中国から日本へ恩返し」 マスク配った中国人女性はネットの有名人

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

ウェイボーで250万フォロワーを抱える

   曾さんの祖父は、米国でIT企業の経営者だ。各国から人材が集まる米国で、祖父は特に日本人を高く評価していたという。「ビジネスの面で信頼できるのは日本人」だとしばしば聞き、成長するにつれて曾さん自身も日本への興味が増していった。

   2010年に来日し、日本語学校で学んだのちに早稲田大学に進学、大学院ファイナンス研究科で学んだ。居酒屋でのアルバイト経験や留学生活を基にウェイボーで漫画を描き、人気に。知名度がアップすると、ネット上で商品プロモーションや日本の観光案内動画を中国向けに配信し、中国人インフルエンサーとして活動の場を広げていった。2016年には、都内で現在の会社を起業。自らはウェイボーで約250万フォロワーを抱えるKOL(Key Opinion Leader)として情報発信を続ける傍ら、新たなインフルエンサーの育成とマネジメントに力を入れている。

「留学中には、日本の人にお世話になりました」

   当時を振り返る曾さん。2011年の東日本大震災では、被災地の状況を中国の大勢のフォロワーに伝えようと、ウェイボーでその様子を動画で流し、「こういう状況だからこそ、お互いに団結しよう」という気持ちを訴えた。「ライブ配信で復興の様子を映した時は、フォロワーからは、『日本の皆さんの、復興へ向かう力に感銘を受けました』といった多くの声が寄せられました」。日本の在住期間が10年となり、曾さん自身、自分の中に「日本人的な視点」が加わってきたと感じるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!