2020年 11月 25日 (水)

タピオカ店「閉店」増えているのか ブームから1年「コロナ禍」での実情

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   2019年に一大ブームを引き起こした「タピオカ」。期間限定テーマパーク「東京タピオカランド」が東京・原宿駅前にオープンし、「タピる(編注:「タピオカドリンクを飲む」、「タピオカを食べる」の意味)」は「2019ユーキャン新語・流行語大賞」トップ10入りを果たした。

   多くのタピオカドリンク店が各地で開店し、行列もしばしば見られた。だが最近、ツイッターで「タピオカ」と検索すると店舗の「撤退」や「閉店」に関する呟きが複数見つかる。コロナ禍で飲食店がダメージを負うなか、タピオカドリンク店の現在を取材した。

  • ブームから1年「コロナ禍」でのタピオカ店の実情は
    ブームから1年「コロナ禍」でのタピオカ店の実情は
  • ブームから1年「コロナ禍」でのタピオカ店の実情は

通りは絶え間なく人が行きかうが

   2020年8月4日の午後、記者が最初に足を運んだのは東京・町田。19年5月にも訪れた、3ブランドのタピオカドリンク店が狭い範囲にひしめく「三つ巴」の地だ。JR町田駅前にある商業施設に入っている店などで、1年余り前は店舗前の道に大行列ができていた

   いずれの店も営業中だったが、記者が通りから15分程度観察した限り、客足はまばら。駅近で通行人は途切れない立地だが、時折1、2人がふらりとやってくる、あるいは店内に女子学生2人組がいるのみだった。

   次に向かったのは、ツイッターに「タピオカドリンク屋が軒並み閉店しておった」との報告が見られた下北沢。駅近くの商店街で営業している3店舗を回り、それぞれ15分ほど客の出入りを観察した。どの店も、人が絶え間なく行きかう通りに面している。

   まず、こぢんまりとしたタピオカ店。近くから様子をうかがっている間、客は来なかった。店の前を通りすぎる際にちらりと視線を送る人は何人もいるが、購入には至らない。2軒目の有名店は、記者が通りかかった時に2人組の若い女性がちょうど注文していた。しかしその後の利用客はゼロ。3軒目も1軒目同様、店に入っていく人はいなかった。

   ただ、閉店したようなタピオカ店は見当たらなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!