2020年 10月 1日 (木)

コロナ禍でWHO「インフルエンザ予防接種」奨励 「受けると体調不良」に困る人

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「今年はインフルエンザの予防接種を受けることが特に重要だ」。世界保健機関(WHO)の専門家が2020年8月18日にスイス・ジュネーブで行った記者会見で、こう強調した。

   このことを報じた米CNN(日本語版)8月19日付記事によると、理由は「現時点で、感染したのが新型コロナなのかインフルエンザなのかを判断することは難しいことから、検査が必要とされる」ため。ツイッターには「予約しとかなきゃヤバイかも」と慌てる人たちの声がある。一方で、「予防接種後の体調不良」に関する不安も見られる。

  • WHO「インフルエンザの予防接種」奨励
    WHO「インフルエンザの予防接種」奨励
  • WHO「インフルエンザの予防接種」奨励

「今年から予防接種が受けられない」なぜ?

「私、インフルエンザ予防接種を受けると暫くの間は体調悪くなるんだよね。どうしよう・・・」
「長男インフルエンザ予防接種で頭痛や体調不良ちょっとでるんよね。医師にきいたら毎年そうなら打たないでって言われてから結局家族全員打たずに何年きてるんやけど、今年はどうしたらいいもんか」

   予防接種を迷うツイートだ。受けたい気持ちはあっても、「接種後」の問題でためらっている様子がうかがえる。

   女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」にも8月19日、トピック「今年のインフルエンザ予防接種」が立ち、議論が起きている。記者が見た限り、「毎年の事なので打ちます」、「毎年打っても子どもの誰かは必ずかかってる...でも予防接種してなかったらもっと症状悪化したかもと思うとやっぱり打っときたい」と「受ける」派が目立つ。ただ、ここにも接種後の体調不良に苦しむ声が投じられていた。

「毎年受けていたインフルエンザ予防接種で昨年初めてアナフィラキシーショックを起こしてしまい今年からはもう主治医の判断で受けることができなくなってしまいました」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!