2020年 9月 30日 (水)

「としまえん」閉園しても残してほしい 回転木馬、フライングパイレーツにプールも

無料保険相談で【A5ランク黒毛和牛】必ずもらえるチャンス!

   東京・練馬区にある遊園地「としまえん」が、2020年8月31日をもって閉園だ。園内に設置されていたアトラクションのうち5種類は、埼玉県の「西武園ゆうえんち」と横浜市の「八景島シーパラダイス」に移設される予定だとスポーツニッポン(電子版)が2020年8月31日に報じた。

   としまえんのアトラクションは、もちろんほかにも様々ある。ツイッターには「これも残してほしい!」との望みが書き込まれている。

  • としまえん、あのアトラクションも「残してほしい…」
    としまえん、あのアトラクションも「残してほしい…」
  • としまえん、あのアトラクションも「残してほしい…」

1907年ドイツ製「カルーセルエルドラド」は要望多数

   報道によると移設予定のアトラクションは、ブレーキハンドルを操作して運転する電車型ライド「チャレンジトレイン」、ミニチュア機関車「模型列車」、水鉄砲で動物を打つ「スナッピー」、蝶々型の乗り物「バタフライダー」、地上10メートルの高さまで昇って回転する「ミニイーグル」だ。

   これに「移設して残り続けるの嬉しい...」などと、喜びと安堵の声が続出している。一方で、ツイッターにはほかのアトラクション移設の「願望」も書き込まれている。

   中でもひと際リクエストが多いのが、としまえんの象徴だった回転木馬「カルーセルエルドラド」だ。1907年にドイツのミュンヘンで造られ、71年にとしまえんにやってきた。古くから同園のシンボル的存在として多くの人から愛されてきた乗り物だけに、残してほしい、という思いも大きい様子だ。

   ツイッターには、

「カルーセルエルドラドは残してほしい」
「あのメリーゴーランドは残してほしいなぁ?」
「エルドラド、どこかに移設されたら今度は子供を連れて乗りに行きたいな」

と望む投稿があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!