2020年 9月 21日 (月)

台風10号で九州は大規模停電 復旧後に「通電火災」近年も頻発、対策は

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   猛威を振るった台風10号の影響で、九州では大規模な停電が発生した。九州電力によると、2020年9月7日15時の時点で、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の約25万戸以上で停電が続いている。

   早期復旧が待たれるが、停電になる前まで使用していた電化製品が、復旧後に漏電して発生する「通電火災」に注意が必要だ。

  • 停電復旧後の通電火災に注意(画像はイメージ)
    停電復旧後の通電火災に注意(画像はイメージ)
  • 停電復旧後の通電火災に注意(画像はイメージ)

19年の台風15号、千葉で2階建て住宅全焼

   北海道七飯町の公式サイトによると、阪神・淡路大震災発生時は約6割、東日本大震災発生時は半数が、通電火災が火災の発生源と言われているという。

   自治体の公式サイトやテレビ、ニュースでは、通電火災に関する注意喚起が多く出回っているが、それでもなお、近年になっても起きている。

   例えば、2019年の台風15号の発生時だ。台風で甚大な被害を受けた千葉県では、広範囲で停電に。毎日新聞(電子版)は20年9月16日付記事で、通電火災の疑いがある火災が千葉県内で相次いだと報じている。中には、木造2階建て住宅が全焼した例もあったとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!