2020年 10月 29日 (木)

コロナ禍で「睡眠に悩み」約8割、ぐっすり眠れず目覚め悪い 江崎グリコ「睡眠調査」

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   江崎グリコ(大阪市)は、「コロナ禍における現在の睡眠実態に関する調査」を実施し、2020年9月30日に結果を公表した。

   新型コロナウイルスの流行が収まらない中で、約8割が睡眠に悩みを抱え、約6割が睡眠の質の低下を実感していることがわかった。

  • 睡眠の悩みと内容
    睡眠の悩みと内容
  • 睡眠のために取り組んでいること
    睡眠のために取り組んでいること
  • 良い睡眠のためにしていること
    良い睡眠のためにしていること
  • 「メンタルバランスチョコレートGABAフォースリープ」について
    「メンタルバランスチョコレートGABAフォースリープ」について
  • 睡眠の悩みと内容
  • 睡眠のために取り組んでいること
  • 良い睡眠のためにしていること
  • 「メンタルバランスチョコレートGABAフォースリープ」について

睡眠の質の低下を実感する人が多い

   対象者は、リラックス効果が知られる「GABA(γ-アミノ酪酸)成分」を含有するチョコレートを食べたことがある全国の20代~60代の男女300人。

   現在の睡眠に悩みはあるか、という質問に、78.3%が「ある」と答えた。「コロナ禍の今、睡眠で悩んでいることは?」には、「ぐっすり眠れなくなった」(63.7%)、「睡眠で疲れが取れなくなった」(60.7%)、「目覚めが悪くなった」(60.0%)など、睡眠の質の低下を実感する人が多かった。

   「睡眠の質を向上させたいか?」には93%が「向上させたい」。73.7%はすでに睡眠のために何かしら取り組んでいると答えた。その内容は、「睡眠前のストレッチなどの軽い運動」(24%)、「自分に合った寝具を選ぶ」(23.3%)、「夕食は早めにとる」(22%)が上位にあがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!