2021年 8月 1日 (日)

楽譜は何を伝えているか(13)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

ドローン(動かない人)とチャンター(歌う人)

   1つのメロディーに対して、オクターヴの音程関係や、完全5度の位置にある音を即興的に加えていく・・オルガヌム、といわれるよばれる技法が9世紀ごろから盛んになります。

   同時に、主メロディーに対して、一緒に動くのではなく、動かない、ずっと持続する音を付け加える、という音楽も試されました。同じ音をずっと伸ばす・・というのは歌で行うとものすごく退屈なので、このパートは楽器で演奏されることが多くなりました。いまでも、「動かない1つの音を伴奏に、上でメロディーが自在に動く」という形式は、バグパイプの音楽などに残っています。

   同じ音高で持続する音は「ドローン」とよばれましたが、バグパイプの通奏管はまさに「ドローン」と名付けられています。現代の無人飛行物体「ドローン」は動き回るので、ちょっと対象的なネーミングです。ちなみに無人機の「ドローン」の語源はオスの蜂で、羽音にプロペラ音が似ているから、というものだそうです。バグパイプの旋律を吹く方の主唱管は「チャンター」と呼ばれています。チャンターはチャントする人、すなわち「歌う人」ですから、ドローン(動かない人)とチャンター(歌う人)というネーミングに、中世の「楽譜誕生前後の多声部音楽」の名残がみられるのです。

   そんな、「ハーモニーの黎明期」に、楽譜は発明されたのです。当然、多声部音楽は更に複雑化します。そして、単に「2つのメロディーを重ねる」という音楽から、「ハーモニーでメロディーを伴奏していく」という今日我々が耳にするほとんどの音楽スタイルを作り出すことになります。

   楽譜の発明という革命が、本格的なハーモニーの誕生という革命を後押ししたのです。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!