2021年 8月 1日 (日)

楽譜は何を伝えているか(13)

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

「完全5度」の試み

   実は楽譜が発明される200年ぐらい前から、教会の合唱音楽において、現代で言うところの「オクターヴ」で音を重ねることが試みられていました。「オクターヴ」の語源は、ラテン語で数字の8を意味する「Octo」(八本足のタコ「オクトパス」も同じ語源です)から来ており、当時のオクターヴが8音で構成されていたことからこの名前で呼ばれておりました。つまり、「ド」と一つ上の「ド」のように、同じ音だが音の高さが違う音を重ねるという歌い方で、おそらく大人の合唱団員と、変声前の少年の合唱隊などで、ハモっていたと思われます。ちなみに現在ではオクターヴは12音に分割されています。

   そして今では「ユニゾン」と呼ばれるオクターヴ違いの音を重ねるこの技法は、我々が想像するより長く、具体的には200年ぐらい、続けられたようです。誰も「他の音を重ねてみる」ということに積極的に踏み出さなかったのです。それほど「単旋律」の音楽は支配的でした。

   しかしようやく、「ある一定の別の音を重ねても響きがおかしくならない」ということに気づき始め、現在の音楽用語でいうと、「完全5度」といわれる、オクターヴ以外では一番奇麗にハモって聞こえる音程関係の音を組み合わせて歌う試みが行われます。

   完全5度は「ド」に対して上の「ソ」の音、下に完全5度を取れば「ド」に対して「ファ」の音となりますので、「ファ」を上に持ってきた場合は「ド」に対して「完全4度」と呼ばれます。この「完全4度」と「完全5度」の音程関係は、「重ねても響きが美しい音程関係」として、広く採用されるようになります。このあたりの音律に関しての分析は、古代ギリシャの時代にすでに行われていましたが、中世の欧州は、改めてその音程関係を「発見」したのです。

   音は自然現象ですから、人間が発見する前から物理法則として「協和する音程」は存在していたのですが、それを「美しい音程」として認識して音楽に取り入れるのは、数百年もかかったのです。音楽のほんの少しの発展にこれだけ長い時間がかかったのは、楽譜が存在していなかった、というのが1つの大きな原因です。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!