2020年 10月 22日 (木)

10月でも熱中症になる 車内温度は日差しで50度超え、子どもが危ない

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   秋でも熱中症には注意が必要だ。とくに車内では、温度が50度以上にまで達することもある。

   涼しくなってきたから、ちょっと子どもを車に残して...という行動は、絶対にやめよう。

  • 秋でも車内の熱中症には注意(画像はイメージ)
    秋でも車内の熱中症には注意(画像はイメージ)
  • 秋でも車内の熱中症には注意(画像はイメージ)

外の気温が26.8度でも車内は47.9度

   一般社団法人日本自動車連盟(JAF)が、2006年10月17日に実施した秋の車内温度の測定実験。これによると、実験当日午前10時の時点で外の気温は22.7度だった。雲の切れ間から日が差し、暑くなく、やや雲が多い過ごしやすい天候だったという。

   しかし、この時の車内の温度は37.5度で、ダッシュボードは52.3度を記録していた。外と車内で約15度も気温差があった。

   その後、13時には外の気温が26.8度まで上昇すると、車内温度は47.9度、ダッシュボードは65.1度と高温を示した。エアコンを使用しても車内は32.8度、ダッシュボードは40.2度と高温を維持したままだった。

   さらにこの時間帯に、エアコンを使用して車内温度を25度程度にした後にエンジンを停止させ、車のドアや窓を締め切った状態で放置した。その約1時間後の車内温度は、51.3度。エアコンを使用していない車両とほとんど同じ温度まで上昇していた。秋の過ごしやすい天候でも、日が差すと車内温度は上昇する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!