2021年 5月 17日 (月)

Zoom会議で上司が強要する「カメラオン」 社内の「偉い人」登場で全員顔出し

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   オンラインでの会議で、カメラをオンにするのは礼儀なのか――。

   今ではすっかり定番となった、「Zoom」を用いたオンライン会議。普及するにしたがって、珍妙なルール・マナーも生まれているようだ。J-CASTトレンドでは2020年9月、「Zoom新機能で上司を上座に設定できる!? 「日本企業の願望」現実になるとは」という記事を公開している。

   ほかにも、オンライン会議で「顔出し」する必要性の是非をめぐり、とインターネット掲示板などでは議論が起きている。

  • 会議でZoomカメラ「オフ」はダメ?(画像はイメージ)
    会議でZoomカメラ「オフ」はダメ?(画像はイメージ)
  • 会議でZoomカメラ「オフ」はダメ?(画像はイメージ)

20代の男女5人に聞いたところ...

「Zoom会議でいつもカメラオフしてたら、いい歳なのにとうとう上司に怒られたなぁ...」
「ZoomのカメラONの強要をカメハラと命名したい」
「Zoom打ち合わせでカメラ使わなかったら『こっちは顔出ししているのに失礼!マナー違反』とブチギレ説教されて打ち合わせ強制終了された...」

ツイッターには、こんなボヤキが複数ある。

   オンライン会議での顔出しを、若手社員はどう感じているのか。J-CASTトレンドは、20代の男女5人に聞いた。

   「いつも顔出ししていません」と答えたのは、営業職に就く20代男性。週2回ほどZoom会議をしているという。社内での打ち合わせが主で、顔出ししなくても不自由はないと答えた。顔出しを強要されたこともない。

   20代の事務職の女性は「最初数回は顔を出していたけれど、最近はしなくなった」。カメラをオフにしていても注意されたことはなく、会議では、上司も含めて参加者は全員カメラを切った状態とのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!