2021年 1月 23日 (土)

アイドル「推し」のため借金5万、10万、500万!? それでも後悔しないファン心理

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「推し」のために借金したことはありますか。

   アイドルやアニメキャラクター、声優のファンになり、応援する。その活動に熱中するあまり、人から金を借りるはめになった人もいるのだ。J-CASTトレンドは、実際に親から借金をしたジャニーズファンの20代女性を取材し、経験談を聞いた。

  • 推しのために借金する女性たち(画像はイメージ)
    推しのために借金する女性たち(画像はイメージ)
  • 推しのために借金する女性たち(画像はイメージ)

「Kis-My-Ft2」にどっぷりはまった女性

   埼玉県在住のこの女性は中学生の頃にジャニーズにはまり、アイドルグループ「Kis-My-Ft2」のファンクラブに入会した。中学、高校在学中は関東地方で開催のライブやイベントにのみ参加していたが、大学に入り自由な時間が増えると、次第に関西や九州、北海道など全国各地の会場にも足を運ぶようになった。

   飲食店と居酒屋のアルバイトを掛け持ちし、授業の前後にシフトを入れまくった。それでもまかないきれないチケット代、ホテル代、交通費。たびたび親に借りたと振り返る。

「(ツアーの)日程が発表になると、どうしても全部行きたくなっちゃって...。合わせて25~30万円はいっていると思います」

   ただ、「1回のツアーで親から借りた分は、ツアーが終わった後にまたバイト頑張って、次のツアーまでにちゃんと返していた」と話した。社会人になってからは、イベント参加のために遠出する機会がぐっと減り、借金することもなくなった。

   借金について後悔は「ありません」とキッパリ。

「もちろん申し訳なさはあるけど、それより自分が応援するアイドルを追いかける楽しさのほうが勝っていたし、今思い返しても(ライブに何度も)行ってよかったと思う」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!