2021年 1月 23日 (土)

日本一のチーズは北海道の工房から 「ジャパンチーズアワード 2020」表彰式開催

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   チーズ文化の普及を目指すNPO法人チーズプロフェッショナル協会(CPA、東京都千代田区)は、日本一の国産ナチュラルチーズを決めるコンテスト「ジャパンチーズアワード 2020」の表彰式を2020年12月1日に実施した。

   グランプリおよび各カテゴリーで受賞した 14 のチーズ工房の代表者が出席し、表彰状とトロフィーの授与が行われた。

  • 「ジャパンチーズアワード 2020」表彰式
    「ジャパンチーズアワード 2020」表彰式
  • グランプリを獲得した「しあわせチーズ工房」の「幸」
    グランプリを獲得した「しあわせチーズ工房」の「幸」
  • 喜びを語るしあわせチーズ工房の代表・本間幸雄さん
    喜びを語るしあわせチーズ工房の代表・本間幸雄さん
  • チーズ業界の現状や課題について生産者が語るメディア向けセミナーも開催
    チーズ業界の現状や課題について生産者が語るメディア向けセミナーも開催
  • 「ジャパンチーズアワード 2020」表彰式
  • グランプリを獲得した「しあわせチーズ工房」の「幸」
  • 喜びを語るしあわせチーズ工房の代表・本間幸雄さん
  • チーズ業界の現状や課題について生産者が語るメディア向けセミナーも開催

北海道の「しあわせチーズ工房」がグランプリ

   コンテストは、2014年から2年に1度開催されている。今年は20年10月に開かれ、全国 78 のチーズ工房からチーズ 233 種が出品された。チーズを全21のカテゴリーに分けまず1次審査を開き、各カテゴリーで上位を獲得したチーズを対象に、さらにグランプリ審査を行った。

   審査の結果、グランプリには「加熱圧搾/6 カ月以上」カテゴリーで金賞を受賞した「しあわせチーズ工房」(北海道)の「幸(さち)」が選ばれた。長期熟成のチーズで、青草の香りやミルクの甘み、ナッツのような香ばしさが感じられる。

   審査委員長を務めた CPA 会長の本間るみ子さんは、「幸」について「表皮のしっかりした色合いと、深みのある黄色味をおびた生地は、見ただけで美味しさが伝わってくる」と評価した。

   表彰式では、しあわせチーズ工房の代表・本間幸雄さんが「2013 年に製造をスタートして苦労することもあったが、今は胸を張ってこれが(自分の名前から命名した)『幸』だと言えるようになった」と喜びを語った。

   さらに

「チーズは牛と酪農家とチーズ職人が手を組んでできるもの。この賞は、そのすべてが評価されたということとても嬉しい。これからもチーズでみんなを幸せにしたいと思う」

と今後の抱負を語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!