2021年 1月 21日 (木)

「PS5」正規のサイトで売っているのに 法外な高額、クリックしたら別の商品

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気のゲーム機「プレイステーション5」(PS5)を販売しているかのように装う、インチキ通販サイトが存在するという。プレイステーションのカスタマーサポートが公式ツイッターで、2020年12月10日に注意喚起を行った。「不正な通販サイト」に注意し慎重に判断するよう呼びかけている。

   PS5をめぐっては偽サイトどころか、大手ECサイトのアマゾンや楽天市場でも、不正販売がインターネットユーザーから報告されている。

  • 画像はプレイステーション5公式サイトのスクリーンショット
    画像はプレイステーション5公式サイトのスクリーンショット
  • 画像はプレイステーション5公式サイトのスクリーンショット

PS5かと思ったら「ラジコンカー」が表示

   アマゾンでは、あまりに高額な「PS5」の出品が過去に相次いだ。ウェブメディア「ねとらぼ」2020年9月18日付の記事によると、予約開始時には定価のおよそ10倍にあたる50万円での出品もみられた。さらに「キャンセルされる場合は迷惑料5万円いただきます」などと記載し、システム上でキャンセル不可に設定しているケースもあったという。

   J-CASTニュースでも同日、こうした高額出品について、誤って購入してしまったと報告するユーザーが複数いたと報じた。

   楽天市場では11月20日から21日にかけて、複数のツイッターユーザーからトラブル報告が続いた。まずPS5が9000円で出品されており、「商品説明」欄にもPS5についての説明文が書かれていた。一方で「購入手続き」をクリックすると、手続き画面の下部の商品情報にはPS5ではなく、ラジコンカーが表示されていたという。どのような手段を使ってこのようなことをしたかは不明だが、これまでにだまされて買ってしまったというユーザーは見当たらなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!