2021年 9月 29日 (水)

ヤマト「クロネコ」変わっちゃう ロゴ変更「スタバ」も初めは戸惑いあったが

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ヤマトホールディングスが2021年4月1日から、企業のシンボルマークの「クロネコマーク」を変更する。

   1957年の制定以来、64年間変えることなく使用されてきた。今回が初のデザイン変更となる。ツイッターには戸惑いの声も上がっている。

  • ヤマトホールディングスが「クロネコマーク」を新しく
    ヤマトホールディングスが「クロネコマーク」を新しく
  • 親ネコが子ネコを運ぶ姿は変わらない
    親ネコが子ネコを運ぶ姿は変わらない
  • 現在使われている「クロネコマーク」(画像はヤマト公式サイトの動画より)
    現在使われている「クロネコマーク」(画像はヤマト公式サイトの動画より)
  • ヤマトホールディングスが「クロネコマーク」を新しく
  • 親ネコが子ネコを運ぶ姿は変わらない
  • 現在使われている「クロネコマーク」(画像はヤマト公式サイトの動画より)

新デザインで変わった点は

   親ネコが大切そうに子ネコを口にくわえて運ぶ、おなじみのイラスト。ヤマトの発表資料によると、このマークは「安心・丁寧」のシンボルとして、客から信頼が得られるよう、全社員で大切に育んできたという。

   新デザインでは、ネコを囲む黄色の円が大きくなり、黒い線が無くなった。そのほか、親ネコのしっぽや耳の形などを微調整。ただ、親ネコが子ネコを運ぶ姿は変わらない。同社は変更を「日々重ねてきたサービスをさらに進化させていく意思の表明」としている。

   ツイッターには「シンプルで好き!」、「カッコイイじゃん」と好感をもつ人がいる一方、「前の方が『運んでる感』があって良かったな」、「変えないでほしかった」との投稿も。長年親しまれてきただけに、戸惑いも大きいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!