2021年 4月 23日 (金)

「100年前の報告書」新型コロナ対策につながる知見 スペイン風邪パンデミックの記録

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   100年前、日本でもスペイン風邪が大流行した。その直後に、対応に当たった内務省衛生局が作成した詳細な報告書が2021年3月15日、新たに現代語訳で出版された。『現代語訳 流行性感冒 一九一八年インフルエンザ・パンデミックの記録』(平凡社)だ。

  • 恐るべし「ハヤリカゼ」の「バイキン」!/マスクをかけぬ命知らず!
    恐るべし「ハヤリカゼ」の「バイキン」!/マスクをかけぬ命知らず!
  • 「テバナシ」に「セキ」をされては堪(たま)らない/「ハヤリカゼ」はこんな事からうつる!
    「テバナシ」に「セキ」をされては堪(たま)らない/「ハヤリカゼ」はこんな事からうつる!
  • 『現代語訳 流行性感冒  一九一八年インフルエンザ・パンデミックの記録』
    『現代語訳 流行性感冒 一九一八年インフルエンザ・パンデミックの記録』
  • 恐るべし「ハヤリカゼ」の「バイキン」!/マスクをかけぬ命知らず!
  • 「テバナシ」に「セキ」をされては堪(たま)らない/「ハヤリカゼ」はこんな事からうつる!
  • 『現代語訳 流行性感冒  一九一八年インフルエンザ・パンデミックの記録』

「稀に見る惨状」を総括

   スペイン風邪は1918年から21年にかけて世界的に大流行し、数千万人が亡くなったとされる。日本でも3回流行し、いろいろな対策をしたが、まだ防御策を知らなかった時代でもあり、2380万人あまりが罹患(りかん)し、約38万人が死亡した。

   対応に当たった内務省衛生局は、流行終息後の1922年にすばやく報告書をまとめた。それが本書の原著となっている。日本国内での被害状況や医療体制を総括した公的文書だ。「稀に見る惨状」を呈したこと、予防方法は今後の研究を待つしかないが、今回のさまざまな対処結果が先々の参考になるであろうことなどが記されている。以下の構成。

第一章 海外諸国に於ける既往の流行概況
第二章 我邦に於ける既往の流行概況
第三章 海外諸国に於ける今次の流行状況並予防措置
第四章 我邦に於ける今次の流行状況
第五章 我邦に於ける予防並救療施設
第六章 流行性感冒の病原、病理、症候、治療、予防
第七章 英吉利及北米合衆国に於ける流行状況並予防方法の概要(省略)
第八章 我邦に於ける流行性感冒に関する諸表

   この目次を見ても分かるように、今日のコロナ対策につながる知見が凝縮されている。100年前、保健衛生の担当者たちが、未知の病だった「インフルエンザ」というものにどう立ち向かい、核心に迫ろうとしていたか、その苦労と意気込みがひしひしと伝わってくる内容だ。とはいえ、やや表現が堅苦しいので、「現代語版」が刊行されることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!