2021年 4月 15日 (木)

歯ブラシ古いと菌増殖、虫歯や歯周病の恐れ 歯科医が勧める交換のタイミング

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   朝昼晩、毎日必ず使う歯ブラシ。皆さんは、どれくらいで新品に交換しているだろうか。

   J-CASTトレンドは、男女20人に交換頻度を聞いた。新調するペースはまちまちだが、長期間使い続ける人が少なくなかった。歯科医が推奨する交換時期とは、開きがあるようだ。

  • 歯ブラシどれくらいで交換していますか?(画像はイメージ)
    歯ブラシどれくらいで交換していますか?(画像はイメージ)
  • 歯ブラシどれくらいで交換していますか?(画像はイメージ)

「毛先がボサボサ」で交換は危うい

   一番多かった回答は「毛先がボサボサになってきたら」。6人がこう答えた。明確に交換時期は定めず、「なんとなく古くなってきたら」、「毛先が開いて使えなくなったら」と見た目で交換を決める人が目立った。

   次に多かったのが「2~3か月に1回」(5人)だ。続いて「月に1回」(4人)、「4~5か月に1回」(4人)が同人数だった。

   「半年に1回」と答えた人も1人いた。「ボロボロになってきても『もったいない』、『まだいける』と思って使い続けちゃう」という。「コロナ禍で在宅時間が増えて歯磨きの回数も多くなり、交換頻度が早くなった」と答えた人も数人いたが、それでも取材した中で最も早かったのが「月1回」だった。

   実際にはどれくらいのペースで交換するのが望ましいか。

   各歯科医院の公式サイトを確認すると、「1か月に1回の交換が目安」としているところがほとんどだ。生活用品メーカー・ライオンが展開する口腔ケアシリーズ「システマ」も公式サイト上で、1か月に一度が目安としている。「毛に弾力がなくなってくると、汚れを落とす効果が弱まってしまう」との説明だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!