2021年 5月 9日 (日)

音楽の道に遅く入ったロッシーニ 古典派の巨匠たちの楽譜が導いた

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   先週登場した、北伊ペーザロ出身のジョアッキーノ・ロッシーニ。彼は当時の現地の政治的混乱状況などから、本格的音楽教育を初めて受けたのが15歳頃からと、たいへん遅かったのですが、18歳でデビューするとその後は驚異的なペースでオペラを量産しました。それらの作品が時には大ヒットとなったために、彼の名声は、19世紀前半のヨーロッパ中に鳴り響くことになりました。

  • パリでオペラ作曲家から引退後、美食の道を極め、かなり太ったロッシーニの写真。しかし、音楽探求の心は常に持ち続けていた
    パリでオペラ作曲家から引退後、美食の道を極め、かなり太ったロッシーニの写真。しかし、音楽探求の心は常に持ち続けていた
  • パリでオペラ作曲家から引退後、美食の道を極め、かなり太ったロッシーニの写真。しかし、音楽探求の心は常に持ち続けていた

19年間に40作近いオペラ

   37歳の時移住したパリで「ウィリアム・テル」を発表してオペラ作曲からは綺麗サッパリと引退し、美食探求の道に入ったので、活躍期間はわずか19年、その間に40作近いオペラを作曲し、現在でもよく演奏される「セビリアの理髪師」などはわずか13日で作曲されたということですから、彼の作曲の腕は、並大抵ではなかったわけです。

   質も量も抜群、ロッシーニの実力は、彼より先輩のベートーヴェンも、少し年下のベルリオーズも、その後にオペラ作曲家として名を轟かすワーグナーも等しく認めるところでした。

   ベートーヴェンは、ロッシーニのあまりの人気のために「第九」を地元ウィーンではなく、遠くベルリンで初演したほうがいいかも・・と悩み、パリで「ウィリアム・テル」を見たベルリオーズは「第2幕は神が作った!」と感激し、そのパリでまだ無名で貧困にあえいでいたベルリオーズは、ロッシーニのことを眩しく見上げていました。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!