2021年 10月 26日 (火)

「ahamo」月額料金より高い店頭サポート だったら既存プラン選んだ方が得では

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   NTTドコモの新料金プラン「ahamo」の店頭でのサポートがスタートする見込みだ。J-CASTトレンドが報じたとおり、利用者自身がオンラインで行う新規契約ほか手続きについて、手数料3300円でアドバイスや案内を受けられる。これまではahamo利用者は、オンラインでのサポートしか受けられなかった。

   ただ、そもそもahamoの魅力は低価格にある。月額料金を上回る有料サポートを利用しても、既存の各種料金プランより「お得」なのか、疑問がわく。

  • ショップでサポートを受けるのはお得か(画像は「ahamo」公式サイトから)
    ショップでサポートを受けるのはお得か(画像は「ahamo」公式サイトから)
  • ショップでサポートを受けるのはお得か(画像は「ahamo」公式サイトから)

最初の手続きで利用は「アリ」と専門家

   ahamoの月額基本料金は2970円で、毎月の通信容量は20ギガバイト。スマホ・ケータイジャーナリストの石川温氏に取材すると、データ容量「使い放題」といったプランを望まないユーザーにとっては、基本的には「お得だと思います」と答えた。

   ahamoに契約する上では、自分でオンライン契約を行い、3300円を払わないのが最も安上がりだ。一方、ahamoの店頭サポートを受ける場合にも、「最初の手続きはスマホに慣れている人でも分かりにくかったりもするので、3300円を払うのはアリだと思います」と石川氏は話す。契約後は、安価な基本料金で利用できる。

   ただ、何度も店頭で相談するとなると話は変わるかもしれない。契約後もサポートを受ける度に有料となれば、毎回3300円を支払うことになる。当然、費用はかさむ。「何かあったら3300円を払う覚悟」が必要になるわけだ。それができない場合は、既存の各種料金プランの方が適しているのではないかと石川氏は述べた。

   なおドコモは手数料3300円について、サポートを受ける度に毎回支払うのか、1回払えば何度でも受けられるかについて発表していない。2021年4月19日の「テレ朝news」は、1回あたり3300円かかると報じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!