2022年 6月 30日 (木)

業務スーパーのポテトがマクドナルドの味に? 作って食べたら「こ、これは」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「業務スーパー」で、マクドナルドの「マックフライポテト」のような商品が販売されている。そんな話が、2021年5月にツイッター上で盛り上がりをみせた。

   話題になっているのは「フライドポテト(プレミアムシューストリング)」という冷凍食品。これを利用すれば、お買い得にマックのポテトのような味を堪能できるというのだ。どれほど「本家」に近いのか、実際に調理して比較した。

  • どっちが「マックフライポテト」でしょう?
    どっちが「マックフライポテト」でしょう?
  • どっちが「マックフライポテト」でしょう?

1キログラムあたり258円

   まずは「プレミアムシューストリング」探し。都内の業務スーパー店舗に聞いて回ったところ、5店めで在庫を見つけた。どうやら良く売れているようだ。内容量は1キログラムで、記者が購入したものは258円(税込・以下同)だった。なお、「マックフライポテト」のLサイズは170グラムで330円だ。

300円もしないが大容量だ
300円もしないが大容量だ

   説明書きの通り、170℃の油で約2分半揚げる。白い冷凍ポテトをフライパンの油に放り込むと、きつね色に変化していく。2分半経過して取り出すと、マックを思わせる見た目になった。ポテトの長さが均一でないところも似ている。

業務スーパーの「プレミアムシューストリング」がマックに近いらしい
業務スーパーの「プレミアムシューストリング」がマックに近いらしい

   塩を2つまみほど振り、実食。細長くサクッとした食感と、あまり主張しないジャガイモの風味がかなり「マック」に近いと感じた。むしろ、マクドナルドのポテトフライがどんな味か思い出せない。そこで、「マックフライポテト」のLサイズを購入し、比較する。

比較のため「本家」登場だ。
比較のため「本家」登場だ。

マックには食欲そそる特有の風味

   まず見た目を比較してみるとマックのポテトは色合いが濃く、よりフライ時間が長いように思われた。

   食べてみると、マックのポテトはかなり塩味が強いと感じた。記者が「プレミアムシューストリング」に振った量よりも、多いかもしれない。

   さらに食べ比べていくと、「マックフライポテト」には、「プレミアムシューストリング」には存在しない独自の風味があることに気付いた。街中でマクドナルドの店舗やテイクアウトの袋から漂ってくる、あの食欲をそそる特有の香りだ。ただ揚げて塩をかけただけでは、この細かい風味までは真似できない。あの香りに、マックポテトならではのノウハウが凝縮されているのだと再認識した。

   なお、マクドナルド公式サイトによると、ポテトの油には「牛脂とパーム油のブレンド油」を使っているという。今回の「プレミアムシューストリング」にはサラダ油を使用しており、油の種類も風味の違いに出ているのかもしれない。

   とはいえ、出来上がりの「プレミアムシューストリング」を、「マクドナルドで買った」と言われて食べたら、見破るのは難しいかもしれない。なお、それなりの油の量を使うので、その分は別費用となる。独身者で、自宅で揚げ物をしないという人には、そもそもトライすること自体が難しい。マックポテトを店で買って持ち帰る、という方が手軽だ。

マックの箱に「プレミアムシューストリング」を入れてみた。これは気付かない人がいるかも?
マックの箱に「プレミアムシューストリング」を入れてみた。これは気付かない人がいるかも?
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!