2021年 7月 24日 (土)

■日本ダービー「カス丸の競馬GI大予想」
 エフフォーリア無敗2冠は確実か?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

別路線組で有力なのは? サトノレイナスは?

   ガジュマル爺 別路線組でわしが推すのは2頭じゃ。いずれもダービーと同じ距離2400メートルを勝利しておる馬じゃ。ワンダフルタウンとレッドジェネシス。ワンダフルタウンは5戦3勝で、そのうち重賞2勝。すべて馬券圏内(3着以内)の堅実派じゃ。前走の青葉賞(GII、東京、2400メートル)は、このレースと同じ舞台。1枠2番と枠に恵まれたとはいえ、2歳重賞の京都2歳ステークス(GIII、2000メートル)を制した実力はダテではなかったな。本番に向けて叩き2戦目のローテーションはプラスじゃ。青葉賞組はダービーを勝てないでおるんじゃが、鞍上はいぶし銀のベテラン、和田竜二騎手じゃ。新馬戦から乗り替わることなくこのレースに駒を進め、あのテイエムオペラオー(1999年、3着)でもなし得なかったダービー勝利に大チャンスが巡ってきたわけじゃ。レッドジェネシスはデビューから期待された馬じゃ。しかし、新馬戦から1番人気を裏切り続け、4戦目の未勝利戦(阪神2000メートル)でようやく初勝利。2走前のゆきやなぎ賞(1勝クラス、阪神、2400メートル)、前走の京都新聞杯(GII、中京、2200メートル)を連勝して軌道に乗ってきたんじゃ。東京コースはフリージア賞(1勝クラス、2000メートル、6着)で経験済みじゃ。中京で勝利したように左回りは苦にはせんじゃろ。切れるというより、ジリジリと詰めてくるような脚が使えるのが魅力じゃ。鞍上はベテラン、横山典弘騎手の手綱が怖いぞ。

   カス丸 別路線組、つまりエフフォーリアと対戦したことがない馬といえば、なんといっても牝馬のサトノレイナスだじぇい。エフフォーリアよりも末脚は鋭いきゃすう。あとは毎日杯2着のグレートマジシャン、プリンシパル優勝のバジオウ、NHKマイルカップで落馬したバスラットレオンがいるじぇい。

   カスヨ わたしもワンダフルタウンは押えるわ。それとサトノレイナスなんだけど、やはり先週のオークスに出てれば勝ってたわね。過去にダービーを勝った牝馬といえば2007年のウォッカなんだけど、この世代はライバルに歴史的牝馬ダイワスカーレットや3歳でスプリンターズステークスを勝ったアストンマーチャンのように世代レベルが高かったわね。今の3歳牝馬世代はそれに比べると、そこまでのレベルに達していないと思うわ。たしかに鞍上のルメールちゃん(クリストフ・ルメール騎手)は怖いんだけど、8枠16番の大外枠になってしまったし、それに重賞勝ちが無い馬はダービーでは不利という点がマイナス評価だわね。それと、馬場状態もあるわ。今週もレース当日は天気がいいんだけど、先週のオークスと同じように週中が崩れたわね。オークスも最後は「良馬場」との発表だったんだけど、馬場の含水率は16%を超えていたし、まあ他の要素もあって馬場状態は決められるんだけど、17%以上の「やや重」に近い状態だったのは間違いないわね。というのも、掲示板(5着以内)に乗った馬はすべて道悪で優勝経験のある馬ばかりだったわ。特に16番人気で3着に来たハギノピリナなんか、2200メートルの重馬場を勝ったことがあるからね。わたしが本命◎にした4着のタガノパッションも重馬場優勝ありだし、5着のアールドヴィーヴルも不良馬場で勝った馬だったわ。となると、今週もパンパンの良馬場ではないだろうし、桜花賞で上がり3ハロン(最後の600メートル)を32秒9というトンデモ末脚をみせたサトノレイナスにとっては、自慢の末脚が鈍るこことも十分あって、余計に手を出しにくくなるのよね。

   カス丸 ふーん、となると、やや重の皐月賞を勝ったエフフォーリアがますます勝利濃厚となるきゃすう?

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!