2021年 8月 6日 (金)

■日本ダービー「カス丸の競馬GI大予想」
 エフフォーリア無敗2冠は確実か?

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

府中の長い直線を生かして大駆けする、アノ馬!?

   カスヨ カス丸、話はそんなに単純じゃないわね。競馬は奥が深いのよ。まずはさっき言ったように良馬場になっても緩んだ馬場になるだろうってことね。となると、エフフォーリアも「やや重」程度なら実績があると思うんだけど、それ以上に緩んだ馬場に力を発揮できる馬がいるってことなのよね。それが皐月賞3着のステラヴェローチェよ。父は凱旋門賞馬バゴよ。いまやアーモンドアイ引退後、日本の代表的牝馬となったクロノジェネシスと同じ父親よ。どうしても、位置取りが後ろになるんだけど、皐月賞と違って、今度は最後の直線が長いし、エフフォーリアを見ながらの競馬だったら直線で追いつめることは可能よ。もう一頭は皐月賞5着のヨーホーレイクね。この馬も緩んだ馬場が得意だし、きさらぎ賞(GIII、中京、2000m)でも荒れ馬場の中を最後は強烈な末脚で追い込んで2着よ。皐月賞ではエフフォーリアよりも速い上がりの最速で走れたんだから、距離が延びれば逆転もあるわね。最後の一頭が、きさらぎ賞でヨーホーレイクを押えて優勝したラーゴムよ。皐月賞は案外だったんだけど、この馬はやはり左回りがいいと思うのよね。皐月賞でもみせたけど右回りがヘタなのよね。見直しは十分可能で、この馬が今回わたしが狙う最大の大穴よ。

   ガジュマル爺 カスヨが言うように、皐月賞組でも逆転の目がある馬は他にもたくさんおるということじゃ。皐月賞はたしかにエフフォーリアがうまく内沿いを走って、最後の直線でほぼ先頭に立ち、外を回った馬たちはスピードに乗る前に決着がついてしまったという消化不良みたいなレースじゃった。じゃが、ダービーはそんなにうまくはいかんじゃろ。ひとつは、皐月賞は馬場が緩んでいたことと、これといった逃げ馬がおらんかったことがある。しかし、今回はバスラットレオンというはっきりした逃げ馬がおるし、ペースが乱れる可能性が十分にあるんじゃ。エフフォーリアは最内枠じゃから、内ラチ沿いを先頭集団の後ろあたりで追走するんじゃろうが、直線に入ってもなかなか簡単には持ちだせんようにきついマークがたくさん入るじゃろ。それとバスラットレオンが作る乱ペースに巻き込まれると自慢の末脚を発揮する前にエネルギーを使い果たしてしまう恐れもあるじゃろ。競馬は何が起きるかわからん。今回出てくればエフフォーリアと1番人気を争ったであろうダノンザキッドが骨折で欠場となったのはすでに話に出たが、ほかにも一発の可能性がある馬はいくらでもおるんじゃ。カスヨがあげたヨーホーレイクなんかはわしも注目しとるんじゃが、もう一頭はグラティアスじゃ。これも皐月賞組で6着じゃったんじゃが、外々を回されてしまった結果じゃ。道悪も得意な馬じゃから、広くて直線が長い東京なら外にうまく持ち出せば先週のハギノピリナのように、大駆けできる可能性が十分あるはずじゃ。

   カス丸 ふーむ、いろいろいるじぇい。でも、底力はエフフォーリアがひとつ抜けてるきゃすう。本命◎でいくじぇい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!