2021年 7月 31日 (土)

職場のトイレで歯磨きはコロナ感染不安 おしゃべりで飛沫のリスク、防ぐのは簡単

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   昼食後、職場で歯を磨く場所がトイレしかない場合はどうするだろうか。ツイッターには、給湯室で磨くよりもよっぽどマシだ、歯磨きしない方が不衛生だと主張する声がある。一方で、不快だ、トイレに入りにくくなる、と否定的な意見も並ぶ。

   とくに目立つのが、新型コロナウイルスの感染リスクを心配する書き込み。おしゃべりしながらトイレの狭い空間で歯磨きしている人が気になる様子だ。

  • 職場で歯磨き、コロナ感染不安
    職場で歯磨き、コロナ感染不安
  • 職場で歯磨き、コロナ感染不安

7割近くが感染リスク意識しながら歯磨き

   生活用品メーカーのライオンが16~79歳の男女2084人に実施した、コロナ禍におけるオーラルケアの実態調査。オフィスや学校など、自宅以外で昼食後に歯みがきをする習慣がある人の66.9%が、感染リスクを意識しながら行っていると回答した。

   このうち、45.5%はそれでも「リスクはありそうだが歯磨きをしたい」と答えている。

   飛沫のリスクを軽減しながら、しっかり歯を磨ける方法がある。日本歯科医師会が公式サイト上で、動画で紹介している「口を閉じて行う歯みがき」だ。

   動画に登場する日本歯科医学会連合副理事長の川口陽子氏によると、新型コロナは唾液による飛沫感染のリスクが指摘されており、歯磨きやうがいの際にも注意が必要だという。飛沫の拡散を防ぐ方法は簡単で、口を閉じて歯を磨くだけ。日本歯科医師会の実験から、口を開けて磨くと唾液の飛沫が周囲に大きく飛び散ったが、口を閉じて磨くと飛び散らないことが分かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!