2021年 8月 4日 (水)

ワクチン接種してもコロナに感染 東京五輪「ブレークスルー」が怖い

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新型コロナウイルスに関連して「ブレークスルー」という言葉を見かけることが増えてきた。ワクチンを接種したにもかかわらず、コロナに感染することだ。

   東京五輪で海外から来日する選手や関係者のほとんどはワクチン接種済みと思われるが、来日後の検査で陽性になる確率はゼロではない。

  • いかなるワクチンも「100%発症を防ぐ効果があるわけではない」
    いかなるワクチンも「100%発症を防ぐ効果があるわけではない」
  • いかなるワクチンも「100%発症を防ぐ効果があるわけではない」

発生率はきわめて低い

「ワクチンを打っても防げない『ブレイクスルー感染』が米で1万件」(ニューズウィーク、2021年5月27日)
「ワクチン接種後にコロナ陽性『ブレークスルー感染』の頻度と原因は」(京都新聞、6月26日)
「コロナ変異株、ワクチン接種完了でも発症する可能性 CDCが警鐘」(CNN、6月26日)

   「ブレークスルー」とは、英語で「突破する」「突き抜ける」という意味だ。コロナに関しては、米食品医薬品局(FDA)が承認したワクチンの接種を完了してから14日以上が経過した後に、新型コロナウイルス検査で陽性反応が出たケースのこと」(ニューズウィーク)。

   米疾病対策センター(CDC)の調査報告書によると、米国では4月30日までに約1億100万人がワクチン接種を完了した。その後にフレークスルー感染が計1万262件報告されているという。

   発生率はきわめて低いが、ニューズウィークによると、報告書は「全国調査は自発的な報告に頼るものだったため、データは完全ではなく、現実を反映したものではない可能性がある。ブレイクスルー感染をした多くの人、特に無症状の人や症状が軽い人は、進んで検査を受けない可能性がある」とも説明しているという。潜在的にはもう少し多いのではないかということを示唆している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!