2021年 7月 28日 (水)

サブスク解約めぐり大損のリスク 気付かぬうちにオプション追加、料金請求

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   今ではすっかり主流となった「サブスクリプション(定額課金・以下サブスク)」。音楽や動画視聴サービスだけでなく、和食器に備蓄サービス、散髪など様々なサブスクも登場している

   便利な一方で、複数登録していると管理しきれずうっかり解約し忘れ、気付かないまま料金を払い続けていたなんてことも珍しくない。また、解約したのになぜか料金が請求される場合も。こうしたトラブルは、どう防げばよいのか。

  • サブスク「解約」めぐるトラブル防ぐには
    サブスク「解約」めぐるトラブル防ぐには
  • サブスク「解約」めぐるトラブル防ぐには

解約手続きをしたのに一部サービスは継続

   動画視聴サービスなどのサブスクでは、お試し期間として最初の1か月は無料で利用できるサービスが多い。大体がその後自動的に有料になる仕組みで、利用者が自ら解約しないとサービスは継続される。

   国民生活センターのウェブ版「国民生活」(No.81)では、サブスクにまつわるトラブルについて取り上げている。ここでは「入会の失敗より、解約や退会に失敗するほうが多いかもしれません」とあるほど、解約の際のトラブルは多い。

   公式サイト上で公開されている同センターに寄せられた相談事例を見てみると、こんな例があった。1か月無料の動画視聴サービスに会員登録し、無料期間中に解約手続きをしたが、その後クレジットカードへ料金請求があった。調べると、動画視聴サービスとともに、有料のオプションにも気づかぬうちに申し込んでいた。

   ほかにも、無料お試しの期間中に解約をしたが請求が続いている、解約手続きをしたのに一部サービスは継続されていた、などの相談があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!