2021年 8月 2日 (月)

東京五輪トライアスロン会場「クサい」問題 お台場海浜公園の水質どうなった

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京オリンピック目前の今、2年前に問題視されたお台場海浜公園の「トイレ臭」が注目を集めている。公園のスイムコースは、マラソンスイミングやトライアスロンの舞台となる。

   ブルームバーグは2021年7月14日に「悪臭への不安残るまま本番入りか」という見出しで報じ、東京湾の水質不安を指摘した。五輪直前の現状が気になる。

  • 2019年8月16日、東京五輪テスト大会の男子トライアスロン(写真:松尾/アフロスポーツ)
    2019年8月16日、東京五輪テスト大会の男子トライアスロン(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 21年7月20日のお台場海浜公園 周辺は厳重な警備が行われており、会場には入れなかった
    21年7月20日のお台場海浜公園 周辺は厳重な警備が行われており、会場には入れなかった
  • 2019年8月16日、東京五輪テスト大会の男子トライアスロン(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 21年7月20日のお台場海浜公園 周辺は厳重な警備が行われており、会場には入れなかった

「三重スクリーン」で大腸菌類の流入抑える

   発端は2019年8月11日、お台場海浜公園で実施されたオープンウォータースイミングのテスト大会だ。同日付の複数のメディアによると、大会に参加した選手が、会場の海について「トイレのような」においがするとコメントした。

   同年8月17日のパラトライアスロンのテスト大会では、前日の水質検査で検出された大腸菌の量が基準値をオーバーしたため、スイムが中止となった。

   2021年3月付の「フォローアップ計画書」(都オリンピック・パラリンピック準備局公式サイトに掲載)によると、水質対策として、大腸菌類の流入抑制が期待できる「三重スクリーン」を会場の水中に設置し、砂浜の清掃を強化。また神津島産の砂を砂浜に補充し、水質の浄化機能の強化も図られているとのことだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!