2021年 9月 22日 (水)

東京五輪「熱中症」と隣り合わせの選手 体温を劇的に下げる秘策があった

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京オリンピック・パラリンピック(東京五輪)で、猛暑が選手を悩ませている。複数の報道によると、2021年7月23日に行われたアーチェリー女子の試合後、ロシア人選手が熱中症で意識を失った。

   「暑さ対策」はスポーツをするうえで非常に重要だ。水分補給や適度な休憩はもちろんだが、実はウエアの着用の仕方によって、体温にも変化がある。

  • 熱中症対策にふさわしい着方は(画像はイメージ)
    熱中症対策にふさわしい着方は(画像はイメージ)
  • 熱中症対策にふさわしい着方は(画像はイメージ)

シャツイン・アウトで体温に4度差

   複数の報道によると、テニス男子シングルスで世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ選手は、7月24日の初戦終了後、あまりの暑さに試合時間を夕方以降にずらすよう提案した。男子シングルス世界ランク2位のダニール・メドベージェフ選手も、暑さと湿度に「最悪な環境だ」と話したという。

   試合中、選手は競技ウエアを着用しているが、熱中症対策に適切な着用の仕方はあるのか。FNNプライムオンラインが公式ユーチューブチャンネルで2020年8月26日に投稿した動画では、熱中症を防ぐ着こなし術を取り上げた。その中で、群馬県前橋市の中学校の理科教師が行った実験を紹介した。

   この実験では、体操着の裾をズボンの中にインした場合とアウトの場合で、外で運動後の体温に違いがあるか比較した。すると、運動から2分後の体温は、アウトの生徒がインの生徒より4度低くなった。熱中症対策の観点からみると、熱がこもらないためにもインしないほうが良いという結果になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!